新生児の腸内細菌叢に分娩方法が影響か

新生児の腸内細菌叢に分娩方法が影響することが新たな研究で示唆された。研究を実施した英ウェルカム・トラスト・サンガー研究所のTrevor Lawley氏らによると、帝王切開で生まれた子どもの腸内細菌は、その子どもが生まれた病院内で見られる細菌を反映したものであったのに対し、経腟分娩で生まれた子どもの腸内細菌の組成は母親の腸内環境に類似していたという。詳細は「Nature918日号に掲載された。

 Lawley氏らは今回、英国の病院で経腟分娩または帝王切開で生まれたおよそ600人の健康な新生児および175人の母親から便を採取し、そこから得た1,679サンプルの腸内細菌について、DNAシークエンシングとゲノム解析を用いて調べた。新生児の糞便試料は、生後4721日目に採取したほか、数例では1歳まで採取した。

 その結果、経腟分娩で生まれた子どもの腸内細菌叢は、帝王切開で生まれた子どもの腸内細菌叢に比べ、母親の腸内細菌叢に由来する常在細菌が豊富であることが分かった。Lawley氏は「新生児の腸内細菌叢の遺伝情報を解析した研究としては最大規模である今回の研究において、経腟分娩中に母親から子どもに細菌が受け継がれるなど、分娩方法が新生児の腸内細菌に大きな影響を与えることが分かった」と結果についてまとめている。

 ただし、Lawley氏らは「分娩方法が違っていても、1歳までには全ての子どもが類似した腸内細菌叢を持つようになる」と強調。また、出生時に見られた腸内細菌叢の違いが、長期的には健康にどのような影響を与えるかは不明だという。

 研究グループの一人で英バーミンガム大学のPeter Brocklehurst氏は「生後数週間は乳児の免疫系の発達に重要な時期だが、詳しいことはほとんど分かっていない」とした上で、「出生時の腸内細菌叢の違いがその後の健康問題をもたらすのかどうかを明らかにするため、この研究を長期的に追跡していく必要がある。それによって、出生から間もない時期における腸内細菌叢の役割が解明され、健康的な腸内細菌叢の形成を促す治療法を開発できる可能性がある」と話している。

 また、今回の研究の上席著者である英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのNigel Field氏は「乳児は成長する過程で食べたり飲んだりしたものや、周囲のさまざまな物から細菌を取り込むため、腸内細菌叢も徐々に似通ったものになってくる。離乳後には帝王切開で生まれた子どもと経腟分娩で生まれた子どもの腸内細菌叢の違いはほとんど見られなくなる」と説明している。

 一方、英国王立産婦人科医協会(RCOG)バイスプレジデントのAlison Wright 氏は、「帝王切開はほとんどの場合、命を救うための手術として実施されており、それが母子にとって最善の方法であると考えられる。新生児における腸内細菌叢の役割や腸内細菌叢に影響を与える要因には不確かなことが多く、今回の研究結果を受け、必要な帝王切開までをも回避するべきではない」と話している。

[2019918/HealthDayNews]



日本における認知症の重症度と社会的介護コスト

アルツハイマー病患者への直接的な社会的支援のコストは高まっており、高齢化に伴い、今後さらに増加し続けると予想される。藤田医科大学の武地 一氏らは、日本における長期介護保険でのアルツハイマー病に対する直接的な社会的支援のコストを推定するため、検討を行った。Geriatrics & Gerontology International誌オンライン版201992日号の報告。

 本研究は、メモリークリニックを受診したアルツハイマー病患者または軽度認知障害患者169例に対し、長期にわたるフォローアップを行った横断的研究である。認知症の重症度、介護サービスの利用、コストについて分析を行った。

 主な結果は以下のとおり。

・軽度、中等度、重度の認知症患者の間で、直接的な社会的支援の利用およびコストの有意な増加が認められた(p0.001)。
・とくに、デイサービスとショートステイサービスの利用は、認知症の重症度とともに増加が認められた(p0.001)。
・対象患者を長期介護保険の介護レベルで層別化した場合でも、同様の結果であった。
169例中49例は長期介護保険の申請をしていなかったが、要支援1と要介護1では、認知症の重症度に違いは認められなかった。
・申請しなかった群と申請および認定された群におけるロジスティック回帰分析では、認知症の重症度だけではなく、年齢(OR1.11295CI1.0371.193p0.003)、居住形態(OR0.25795CI0.0760.862p0.028)でも有意な差が認められた。

 著者らは「アルツハイマー病の患者数が増加するにしたがって、直接的な社会的コストも増加する。本研究は、アルツハイマー病の診断後に提供される直接的な社会的支援のタイプを標準化することや、費用対効果の高い介護の開発に役立つであろう」としている。

女性のオーガズムは「進化の名残」?

女性のオーガズムをめぐる謎の一端を解明したと、米イェール大学環境・進化学教授のGunter Wagner氏と米シンシナティ大学小児科学教授のMihaela Pavlicev氏らが「Proceedings of the National Academy of SciencesPNAS)」930日オンライン版に発表した。同氏らは、女性のオーガズムは進化の過程で、交尾において排卵を誘発する役割から生殖的な機能が失われていったとする仮説を、ウサギを用いた実験で検証できたとしている。

 Wagner氏らが指摘するように、男性にとって性交中のオーガズムには、射精を起こすという明確な生殖機能としての役割がある。しかし、女性ではオーガズムに達したか否かにかかわらず排卵がみられる。そのため、オーガズムの生殖機能における役割だけでなく、その存在そのものが長きにわたり、生理学的にも謎に包まれていたという。こうした中、同氏らは今回、ウサギを用いた実験で、この謎を解き明かすことができたと主張している。

 女性のオーガズムに重要な身体の部位である「陰核(クリトリス)」は、生殖を目的とした性交が行われる部位からは離れた場所に位置する。このことは、女性のオーガズムが謎に包まれている要因の一つであった。一方、Wagner氏らによると、ネコやウサギ、フェレットといった哺乳類動物では、雄と雌の生殖器が交わる経路上に陰核が存在し、交尾の際には陰核がより重要な役割を果たしている。また、雌のウサギでは陰核が刺激されてオーガズムに達すると排卵が促されることが知られているという。

 そこで、Wagner氏とPavlicev氏は、ヒトの進化の過程で女性の陰核の役割から生殖的な機能が失われ、快楽をもたらすホルモンを放出する機能のみが残ったという仮説を立て、それを検証するために雌のウサギを用いた実験を行った。

 この実験では、雌のウサギに抗うつ薬のfluoxetine(フルオキセチン、日本国内未承認)を2週間にわたり注射した。同薬にはオーガズムに達しにくくさせる作用があると考えられており、Wagner氏らは同薬を注射したウサギでは排卵が起こらなくなると予測した。

 Wagner氏らの予測は的中し、fluoxetineを注射したウサギでは、注射しなかったウサギと比べて交尾後の排卵の回数が30%減少したことが分かった。この結果を踏まえ、「ヒトにおいても遠い昔、女性のオーガズムは子孫を残す上で必要な役割を果たしていた可能性がある」と同氏らは述べている。

 なお、Wagner氏はイェール大学のニュースリリースの中で、「女性のセクシュアリティについて理解を深めることは重要だ」と指摘。また、フロイトなどの主張を発端に世間に広がった「オーガズムに達することのない女性は精神的に未熟」とする意見や、「パートナーに問題があるから女性はオーガズムに達することができない」とする意見の正当性が今回の研究によって否定されたとの見解を示している。

[2019930/HealthDayNews]



急性期抗うつ薬治療中に悪化しやすい患者像

適切な抗うつ薬治療を行っているにもかかわらず、症状が悪化するうつ病患者の割合を調査した研究は、これまでほとんどなかった。名古屋市立大学の明智 龍男氏らは、うつ病患者を含む多施設無作為化比較試験での抗うつ薬治療中における、うつ病悪化の割合とその予測因子について検討を行った。Journal of Affective Disorders誌オンライン版201999日号の報告。

 うつ病悪化の定義には、抗うつ薬治療中の急性期うつ病患者を評価するために用いた09週目までの総PHQ-9スコアを使用した。うつ病の悪化に対する潜在的な予測因子として、ベースライン時の人口統計学的および臨床的データ、03週目までのPHQ-9スコアの変化、3週時点での副作用を評価した。

 主な結果は以下のとおり。

1,647例中99例(6.0%)で、うつ病の悪化が認められた。信頼性の高い変化指標基準を適用した場合、この割合は小さくなった。
・ロジスティック回帰分析により、以下の因子がうつ病の悪化と有意に関連していることが明らかとなった。
 ●初回うつ病エピソードの発症年齢が若い
 ●現在、高齢である
 ●03週目までのPHQ-9スコアの大幅な増加
・本研究の限界として、プライマリエンドポイントまでの期間が十分に長くなかった点、プラセボ群が含まれておらず、潜在的に関連する予測因子を包括的に調査できていない可能性がある点などが挙げられる。

 著者らは「少数の患者で、急性期の抗うつ薬治療中に、うつ症状を悪化させることがある。初回エピソードの発症年齢、現在の年齢、抗うつ薬治療での早期ネガティブレスポンスは、その後の症状悪化の有用な予測因子である可能性が示唆された」としている。

肥満と腸内細菌の関係に新知見-ポイントは「食用油の代謝」

近年、さまざまな疾患領域で腸内細菌の関与がトピックとなっているが、肥満との関連において新たな知見が発表された。ポイントは我々が摂取する食用油に含まれる多価不飽和脂肪酸。腸内細菌が多価不飽和脂肪酸を他の脂肪酸に変換する過程で、宿主のエネルギー代謝を調節しており、その能力次第で肥満が改善または悪化するという。東京農工大学大学院農学研究院応用生命化学代謝機能制御学の木村郁夫氏らの研究によるもので、詳細は「Nature Communications」に95日オンライン掲載された。

 食生活の欧米化とともに、サラダ油などに含まれるオメガ6系多価不飽和脂肪酸の摂取量が増える一方で、魚類に含まれるオメガ3系多価不飽和脂肪酸の摂取量は減少している。また高脂肪食は、高脂肪であること自体が代謝性疾患のリスクであると同時に、腸内細菌叢のバランスを変化させて肥満や代謝性疾患を誘発する可能性がある。しかしこれまでの研究では、多価不飽和脂肪酸が腸内細菌によって代謝される過程で生じる新たな脂肪酸の影響は明らかでなかった。

 木村氏らは、通常食で飼育したマウスと高脂肪食で飼育したマウスの腸内細菌叢を解析するとともに、多価不飽和脂肪酸の腸内細菌代謝物を定量的に解析した。その結果、高脂肪食飼育マウスの腸内では善玉とされる乳酸菌が有意に減少していること、および、リノール酸(オメガ6系多価不飽和脂肪酸の一種)の腸内細菌代謝産物である水酸化脂肪酸(HYA)が有意に減少していることを確認した。この結果は、高脂肪食によって腸内細菌叢のバランスが乱れるだけでなく、腸内細菌の代謝産物にまで影響が及ぶことを意味している。

 また、高脂肪食にリノール酸を添加して飼育したマウスは脂肪組織に炎症が誘発されたが、HYAを添加し飼育したマウスは炎症所見が少なく体重増加も有意に抑制された。さらに、腸内HYA濃度が通常食マウスと同等になるように調節して飼育したマウスでは、体重抑制作用のある腸管ホルモンGLP-1の分泌が亢進した。これらの結果、腸内細菌による多価不飽和脂肪酸の代謝産物であるHYAが、肥満および肥満に伴う組織の炎症を抑制することが示唆される。なお、HYA産生能のある乳酸菌を腸内に定着させたマウスでも同様の代謝改善効果が認められた。

 以上一連の結果から、腸内細菌叢は食事中に含まれている多価不飽和脂肪酸の代謝を制御しており、高脂肪食によって誘発される肥満や炎症に関与していることがわかった。著者らは、「肥満や代謝性疾患に対する新たな治療法につながる知見であり、今後の研究と応用が期待される」と述べている。

[2019924/HealthDayNews]



食事療法による糖尿病CVDリスク低下に新たなエビデンス、AHAニュース

食生活と心血管疾患(CVD)リスクとの関連はよく知られているが、食事療法が糖尿病患者の心血管アウトカムを改善することを示したエビデンスは意外に少ない。そんな中、地中海食やDASH食、米国糖尿病学会(ADA)が推奨する食事療法が、閉経後2型糖尿病女性のCVDのリスクを有意に低下させるという、米カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)のAndrew Odegaard 氏らの報告が「Journal of the American Heart Association919日オンライン版に掲載された。

 Odegaard 氏らは、閉経後女性における疾患予防策を探る大規模長期研究「女性の健康イニシアチブ(Women’s Health Initiative)」のデータを用いて、食生活とCVDリスクの関係を検討。糖尿病を成人後に発症し、研究登録時にはCVDの既往がなかった女性5,809人(平均年齢64.0±6.9歳、BMI31.9±6.8)を解析対象とした。被験者から得た食事に関する詳細な質問票に基づき、4種類の食事評価スコアを用いて食生活の質を評価した。

 4種類の食事評価スコアのうち3種類は、地中海食、高血圧予防のためのDASH食、ADAの推奨食で、いずれも果物や野菜、種実類、豆類、全粒穀物、多少の乳製品の摂取を促し、添加糖分や赤身肉、加工肉の摂取を減らすよう推奨している。もう1種類はパレオ食(旧石器時代食)で、肉や果物、ナッツ類、野菜を重視し、穀物や乳製品、添加糖分、アルコールの摂取を控えるというもの。

 平均12.4±5.3年の追跡期間中に、10.9%が冠動脈性心疾患、6.4%が脳卒中を発症した。4種類の食事評価スコアのそれぞれを5群に分け、スコアが最小の群と最高の群でCVDリスクを比較すると、スコアが高い群ではDASH食で31%、ADA推奨食で29%、地中海食で23%、有意なリスク低下が認められた。パレオ食のみ有意差が見られなかった。

 Odegaard 氏は、これまでの食事に関する推奨事項の多くは非糖尿病の一般の人を対象とする大規模調査から得られたものであり、2型糖尿病患者を対象とした食生活とCVDに関する研究は乏しいことを指摘し、今回の研究で得られた知見について「2型糖尿病患者のCVDリスクを低下するためのアプローチとして、食事に関する現行の推奨事項を支持するものだ」と述べている。

 また米スタンフォード大学の臨床研究コーディネーターでナースプラクティショナーのCindy Lamendola氏は、この研究には関与していないが、「本研究によって2型糖尿病患者に対する食事療法の有用なエビデンスが追加された」とのコメントを寄せている。同氏は、「さまざまなダイエットの流行に翻弄されている一般の人々にとって、この研究で示された知見は安心を与えるだろう。また閉経後2型糖尿病患者への重要なメッセージにもなるだろう」と述べている。

[2019
919/American Heart Association] 

ボルチオキセチン治療中のうつ病患者における睡眠と抑うつ症状との関係

うつ病患者では、睡眠障害が頻繁に認められる。治療反応と睡眠の質や変化との関連性に対するボルチオキセチンの影響について、中国・西南大学のBing Cao氏らが調査を行った。Journal of Psychopharmacology誌オンライン版2019918日号の報告。

 本研究は、うつ病患者におけるTHINC統合ツールによる認知機能変化に対する感受性を評価した臨床試験の事後分析として実施された。対象は、DSM-Vにおける中等度または重度のうつ病と診断された患者92例(1865歳)および健康対照群54例。すべての患者に対し、オープンラベルでボルチオキセチン(1020mg/日、フレキシブルドーズ)を8週間投与した。主要アウトカムは、028週目の睡眠の変化とした。睡眠の評価には、ピッツバーグ睡眠質問票、エプワース眠気尺度、不眠症重症度指数を用いた。副次的評価として、睡眠の変化と抑うつ症状の重症度との関連も調査した。

 主な結果は以下のとおり。

・うつ病患者は、対照群と比較し、028週目の各睡眠スコアが有意に不良であった(p0.05)。
・うつ病患者は、0週目から8週目までの間に各睡眠スコアの有意な改善が認められた(p0.05)。
・各睡眠スコアの改善と抑うつ症状の改善に、有意な関連が認められた。

 著者らは「ボルチオキセチンで治療されたうつ病患者の抑うつ症状改善は、睡眠の改善と有意な関連が認められた。また、睡眠の改善は抗うつ薬治療反応の予測因子であると考えられ、全体的な抑うつ症状の重症度改善と直線的な相関が認められた」としている。

人工股関節全置換 vs.半関節形成、2年後の有意差なし/NEJM

50歳以上の転位型大腿骨頸部骨折において、人工股関節全置換術を受けた患者と半関節形成術を受けた患者とで、24ヵ月間の二次的な股関節手術の発生率に有意差はなく、人工股関節全置換術が半関節形成術と比べて、機能やQOLに関して臨床的に重要な改善を示さなかったことが報告された。

カナダ・マックマスター大学のMohit Bhandari氏らの研究グループ「The HEALTH Investigators」が、約1,500例を対象に行った無作為化試験で明らかにした。世界的に、大腿骨近位部骨折は、成人の障害要因のトップ10位内に含まれる。

これまで転位型大腿骨頸部骨折について、股関節全置換術を半関節形成術と比べた効果については不確定なままであった。NEJM誌オンライン版2019926日号掲載の報告。

10ヵ国80医療機関で1,495例を対象に無作為化試験

 研究グループは、10ヵ国の80医療機関を通じて、転位型大腿骨頸部骨折が認められる50歳以上1,495例を無作為に2群に分け、一方の群には人工股関節全置換術を、もう一方には半関節形成術を行った。被験者は、骨折前には介助なしに歩行が可能だった。

 主要エンドポイントは、フォローアップ24ヵ月間での二次的な股関節手術の実施。副次エンドポイントは、死亡、重篤有害事象、股関節関連の合併症、健康関連QOL、機能、全体的な健康エンドポイントなどだった。

主要エンドポイントの発生、全置換術群7.9%、半関節形成術群8.3%で有意差なし

 主要エンドポイントの発生は、股関節全置換術群57/718例(7.9%)、半関節形成術群60/723例(8.3%)だった(ハザード比[HR]0.9595%信頼区間[CI]0.641.40p0.79)。股関節の不安定性や脱臼の発生は、股関節全置換術群で34例(4.7%)が、半関節形成術群で17例(2.4%)が発生した(HR2.0095CI0.974.09)。

 Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis IndexWOMAC)に基づく総スコア、疼痛スコア、硬直性スコア、機能性スコアはいずれも、股関節全置換術群が半関節形成術群よりわずかに良好だったが、臨床的に意味のある最小差を下回っていた。

 死亡率は、股関節全置換術群14.3%、半関節形成術群13.1%と両群で同程度だった(p0.48)。重篤有害事象の発生は、股関節全置換術群300例(41.8%)、半関節形成術群265例(36.7%)だった(p0.13)。