海月なつぶやき

受容体の不思議について。

コーヒーに含まれるカフェインと片頭痛の緩和の相関性について考察してみます。

まず血管壁平滑筋に存在するアデノシン受容体を刺激されると血管拡張が起こりますので何らかの原因でアデノシンが多くなるとそのアデノシン受容体が多く刺激される事によって血管の拡張が助長され結果的に頭痛が起きることはよく知られています。

カフェインはそのアデノシン受容体都の親和性が強くその受容体と結合しやすい物質であるために、カフェインが体内に多く存在するとアデノシンがアデノシン受容体を刺激しにくくなるために血管が拡張しにくくなる結果血管拡張しづらくなったことによって血管収縮という方向に向かいやすく血管拡張効果による頭痛が緩和されるとのこと。

しかし身体はカフェインによる血管壁のアデノシン受容体の阻害作用があると、血管壁により多くのアデノシン受容体を再生させるというアプレキュレーション作用が起きます。

通常より増加したアデノシン受容体を持つ血管壁にコーヒーを摂取しない状態、つまりカフェインが内在しない状態になると、アデノシンはより多く作られたアデノシン受容体を刺激した結果的、より強い血管拡張を引き起こすカフェイン離脱状態の症状が起きます。

離脱症状は2週間ぐらいで落ち着くようですがこれはおそらく体内にカフェインが減少した結果、血管壁のアデノシン受容体が減少して通常の血管活動になるのではないかと思われます。

血管壁のアデノシン受容体はそれをブロックされるものの存在によって血管壁に増加し、そのブロックするものの存在が減少する事で、アデノシン受容体自身も減少するという機能を持ち合わせているというようですが

脳細胞のシナプスにおける受容体へのブロッカーは同じようにその受容体を増加させるのだろうか?

シナプス間隙に存在する受容器への可塑性などはこの立場からは逆行する働きだと思われます。

もしかしたら体内に存在する受容体はその部位によって異なる働きをするという事なのだろうか?

ブロッカーにおける時間的な影響の差なども考えられるのかもしれない。

またカフェインに対しては体内解毒において遺伝子レベルでの違いはあるようです。

受容体は奥が深い!

海月なつぶやき

アゴニストやアンタゴニストなどの作用による受容体への可塑性による中枢神経への悪影響は今日では多くとり出されつつありますが、Ca拮抗剤などではその受容体への可塑性における悪影響はないのだろうか?

高血圧症における薬理療法の入り口として容易に使用されるCa拮抗剤、中枢神経のシナプス細胞の受容体への可塑性の危険性が水面下で取り上げられているようなので、同じ受容体として影響は同じように現れるのだろうか?

それとも血管壁に存在するCa受容体は中枢神経系受容体とは機能構造的に別の反応を示すのだろうか?

偉大なる名言集

「If a man is proud of his wealth, he should not be praised until it is known how he employs it.」

金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、彼がその富をいかに使うかが判るまでは、彼をほめてはならない。

                    ソクラテスの格言

偉大なる名言集

「Be careful of your thoughts, for your thoughts become your words;

Be careful of your words, for your words become your deeds;

Be careful of your deeds, for your deeds become your habits;

Be careful of your habits; for your habits become your character;

Be careful of your character, for your character becomes your destiny.」

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

偉大なる名言集

「Reading, after a certain age, diverts the mind too much from its creative pursuits. Any man who reads too much and uses his own brain too little falls into lazy habits of thinking.」

ある年齢を過ぎたら、読書は精神をクリエイティブな探求から遠ざける。本をたくさん読みすぎて自分自身の脳を使っていない人は怠惰な思考習慣に陥る。

偉大なる名言集

血中コレステロール値が増加する事によって動脈硬化になるというメカニズムとは活性酸素がコレステロールで変形したものが敗れた血管内壁に蓄積する事で血管内腔を狭める事で起こります。

つまり動脈硬化防止のためには、「コレステロールの除去」ではなく「活性酸素除去」が正しい!