「マイノリティーリポート」映画。原作名は「少数報告」


マイノリティ・リポート 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray]

FKディックの短編小説「マイノリティーリポート」をSスピルバーグ監督が2002年に俳優トムクルーズを主役に映画化したSF映画です。

有名な映画ですのでご覧になった方は少なくはないと思います。

「プリコグ」という三人の予知能力者によって殺人予知システムを元に、犯罪を遂行する前にその人を逮捕するという犯罪予防局の刑事ジョンアンダートンがある陰謀に巻き込まれていくサスペンス作品ですが、詳細は作品を直接見てもらうほうがより楽しめると思いますので興味のある方はぜひご覧あれ!

この作品で僕が興味を持ったのはその「プリコグ」という特殊能力者が犯罪予知という力を発揮するには、管理されたプール内で生体に必要な栄養供給は十分に管理された状態にし、そして脳内にはドーパミンとエンドルフィンを常に与えられていて、熟睡も覚醒もない状態でキープされているという設定になっているところです。

脳内ホルモンの働きは万人に共通のものなので、僕たちも脳内のドーパミンとエンドルフィンを自由にコントロールできれば、この「プリコグ」のように未来予知という特殊能力が開眼するのでしょうか??(拡大解釈で失礼)

(劇中名言集)

「完璧なシステムを扱うのは欠陥のあるのは人間だ!間違えるのは人間のほうだ!いつもそうだ!」

「俺の親父がよく言っていた。盲人ばかりの国にいけばたとえ見える目が片目でもキングだ!」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です