うつ病はイライラ!

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

脳内ホルモンの一つである「セロトニン」が不足することでうつ病になるので、脳内のセロトニンを増やしましょうという治療方法が現在の投薬療法の主流になっている。

実はいまだにうつ病のメカニズムが明らかにされていないが、上記はその考えられる原因ではないかという「モノアミン仮説」がその根拠となっているよう。

モノアミン仮設による投薬の代表といえばSSRIなどですが、この薬による副作用として米国の統計によると心疾患や認知症、体内でエネルギーを生成しているミトコンドリアの起爆剤になるコエンザイムQ10が減少するといった悪影響も報告されているよう。

実際うつ病の原因と考えられているのはこの「モノアミン仮説」だけではありませんし、そもそもうつ病の原因の研究はいまだに困難を極め、特定にはいたってないというのが現実のようです。

この投薬療法による副作用の危険性が明らかになってきた今日、他の治療法を探し続けて迷走しているというのがうつ病治療の現場のようです。

もともと人間の脳の中にあるホルモンに強引に介在しすぎると、受容体などの変性などを起こすという可塑性反応による症状の悪化には注目すべきでしょう。

適度な運動太陽光を浴びる食生活の見直し(糖質の過剰摂取など)などという薬ではないうつ病に対する改善方法がベストでしょう。(メラトニンサプリメントの摂取などは長期にわたって行うと、もともと自分の脳内で作られるメラトニン生成力を減退させるリスクがあるので要注意です。)

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

以下の製品は、このような症状緩和に良い効果があるといわれています。お困りの方は検討してみてはいかがでしょうか?。↓


【到着後レビューでCBDガムプレゼント!】CBDオイルドロップス300mg/10ml CBD(3%濃度) ENDOCA社製 正規代理店

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です