腸内細菌は増やすのがよろし!

抗生物質の使用で腸内細菌のバランスが崩れ、喘息の症状が悪化する仕組みを筑波大学の研究チームが15日付の米国科学誌版に発表したという記事を目にしました。

その内容は新しいアレルギー治療につながるのではないかという事を示唆しているようです

実験ではまず、マウスにアレルギーの原因物質を吸入させて喘息症状を発病させ、その結果あらかじめ抗生物質を投与したマウスは、そうでないマウスと比べるという方法を観察すると、気管支で炎症を起こした細胞が2倍多く症状も重かったという結果が出たそうです。

その結果をもう少し詳しく調べてみると、腸内でカビの一種のカンジタという悪玉菌が増えるとその一方で乳酸菌などの善玉菌が減っているのが確認されたそうです。

このことを踏まえて考えてみると、カンジタが作り出す物質(プロスタグランディンE2)が免疫細胞を異常に活性化させ、気管支炎などアレルギー症状を悪化させている可能性があると考えられるそうです。

カンジタの増殖を抑える薬剤や、カンジタが作り出す物質をなくす薬剤をマウスに投与したところ、喘息症状が軽減したという。

この結果よりチームはアレルギー治療の新薬開発につながる可能性があるとみているようです。

上記のような腸内細菌のバランスが悪くなると「アレルギー症状」のリスクが増加するのではないのかという実験結果は非常に興味深いと思います。

腸内細菌への悪影響といえば、食品添加物の問題などは巷でもよく囁かれています。

食べ物が腐るということは、その食べ物に雑菌(人間目線からの判断ですが(^_^;))))が増える事によるものです。

食中毒の危険性を回避するという意味では必要な事ではありますが、過剰に添加物を用いる食品を長い間食べ続けるということは、ゆっくりと腸内細菌の善玉菌までも減らしてしまう危険性を高めることになるかもしれない(添加物一つ一つの相互作用での悪影響については研究が進んでいないのが現状です)

これは個人的見解になりますが、日本で腸内細菌を活性化するのであれば、日本古来からある「発酵食品」を摂取されるほうが日本人の遺伝子に合っていて、それは良い影響を及ぼしやすいのではないでしょうかと思います。

胃腸を整えるにはヨーグルトもいいが、日本人としては毎日のお味噌汁がベストといったところでしょうか。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です