アトピー性皮膚炎と腸内環境

難病指定にもなっているアトピー性皮膚炎です。

現代の医療機関ではその皮膚炎を抑える「ステロイド療法?」が主流になっていまして、この方法は症状を一時的に抑える効果あるのですが原因の治療にはなっていないようです。

実際アトピー性皮膚炎に対するステロイド療法でその疾患が治ったという症例はがず少ないとも言われています。

ステロイド療法による多方面の健康被害などとして、長期のステロイド投与による皮膚組織の破壊や、体内に不必要に取り込まれたステロイドによる体内ホルモン活動の不均衡を引きおこしたり、副作用が多いとされているようです

医学研究ではこのような炎症を引き起こしているのは体内のIge抗体が引き起こしていろとのことですという「体質由来」が原因であろという見解のようですが

それではどうしてこの抗体が炎症を引き起こすのかというところには踏み込んでいないといえるのではないか。

体の中の炎症といっても様々な要因が考えらると思われます

食品アレルギー

感染症

環境因子によるストレス

などがその代表格。

その中で一番大きな影響を起こす原因と考えられるのがやはり「食品アレルギー」ではないかと思います。

食事は毎回とらないといけないという性格上、アレルギーを引き起こす食べものをとり続けるという事は、毎回体の中にある炎症という炎に燃焼物質を注いでいるという事になってしまいます。

腸内環境が悪くなる事で腸壁穿孔がおきる事によって未消化のたんぱく質が血液に乗って全身に運ばれるという事があるといわれている「リーキーガット症候群」などのために皮膚炎が引き起こされる可能性もあるようです。

未消化のたんぱく質とは体内にとって不必要であるために、その不必要な物質を免疫が過剰な攻撃をすることによりそれが皮膚で起きると皮膚炎になるという

燃えている薪を消すために先ずやるべきことはただ一つ、その火に薪をくべないことである。

それと同様にもし皮膚炎という火事の原因が食品アレルギーによって引き起こされているのであれば、その対処法はアレルゲンの特定とアレルゲンの制限という事がベストだと考えるのが望ましいことです。

食品過敏症の代表例は以下の通り

小麦

乳製品

大豆

コーン

このような食品を最低2週間は避けてみて症状が改善するのであればもしかすると食品アレルギー由来のアトピー性皮膚炎の可能性があるかもという判断もよいかも

腸内環境の健康な状態はおおよそ

善玉20

悪玉10

日和見70

とされています。

この腸内環境をかき乱しやすい食品の代表は「砂糖」です。甘いお菓子などに含まれていてとても魅力的な存在です。

砂糖は体内で糖質に変化しますが、この糖質は腸内環境に存在する悪玉菌イースト菌カンジタ菌などの餌になります

糖質が増えると腸内環境のバランスが悪化するともいわれてますのでこのような食品の過剰摂取には要注意。

あと善玉菌の栄養となる食物繊維や発酵食品を摂取する事も大切です。

皮膚炎のような炎症を抑制するために、ビタミンD(紫外線にあたることで増殖)やビタミンD3やオメガ3脂肪酸(オメガ6とオメガ3は1対2の割合が健全)を摂取する事も重要です。

皮膚炎は腸内環境を整えると改善する可能性があるので、症状に困っている方はこのようなことも一度検討してみるのもよいと思います。

高額になりますが、食品アレルギーを特定する方法の一つで以下のようなキッドで行うという方法などもあるようです。参考になるかもしれませんので張り付けておきます。

IgG 食物過敏症セミパネル(120項目)(1セット)【アンブロシア】

価格:31,752円
(2019/3/10 12:58時点)
感想(15件)

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

(治療プラン)

① 先ずは食品アレルギーの特定と摂取制限

② 皮膚炎は脊柱分節から起始する自律神経領域(下部胸椎~上部腰椎)の不具合が検出されるのであればその領域のアジャストメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です