グランディングは足底から

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

アーシングといえば現在では一般的になった車の「アースする」といった事で多くはもちいられてます。

車においては、その電装系統におけるマイナス極への配線の抵抗を減少させることで、各部分への必要十分な電力を供給し、ヘッドライトの照度や燃費性能等に改善効果がある方法で車の修理工などがよく用いているとのこと。

現代社会において多くの家電製品の中で過ごしている我々に、その家電製品が生み出す「電場」が人の健康と病気に深く影響しているのではないかという考え方をベースに、自らをアースする環境を作り出す(裸足で地面に設置する環境の構築)健康方法をアーシング(グランディング)と示唆している。

平成7年に創業したオールアースの家づくりに邁進する株式会社レジナの代表取締役土屋直樹氏は語る「電磁波対策(電場対策)を考えた家づくりは多くの人に健康維持という恩恵を与えると考えています」と。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

よく世間では「電磁波」の悪影響を耳にすると思われるが、個人的には「電場」の影響が大きいのではないかと思っています。

なぜかというと「電磁波」の影響はその「電磁波」を生じさせている電気製品の距離によってその悪影響はすぐになくなるのですが、「電場」は体の接地面からダイレクトに影響すると思われるからです。

上記で恐ろしいのは、「電磁波」は家電製品が活動しているときにのみ発生するが、一方「電場」のほうはコンセントに家電製品が差し込まれているのであれば始終発生するというところです。

体内のエネルギーを生成しているミトコンドリアなどはそれが不調になるとプラスの水素イオンが蓄積

その蓄積によりミトコンドリアの活動が低下してしまい、体内のエネルギー生成力が減少するらしいし。

電化はマイナスからプラスに流れる物理現象から考えると、もし体内にプラスの電荷が蓄積している状態で素足で地面に立つと、人の持つ電化より大地の持つ電化は低いために、地面からのマイナスが肉体のプラスに引き寄せられるとバランスをとるために、体にあるプラスの電荷は地面に引き寄せられることになる。

(補足)→ちなみに私は上記にある電場測定器やその他のアーシング用品で身の回りの電場をチェックしています。

この件について、明治大学科学コミュニケーション研究所の「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」では電磁波有害説について疑似科学という認定のようです。

(URLはこちら)http://www.sciencecomlabo.jp/index.html

興味のある方はこちらも参照されてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です