カッコーの巣の上で

「カッコーの巣の上で」という作品です。1975年のアメリカ映画。 原作はケン・キージーが1962年に発表したベストセラー小説の映画化です。

とりあえず作品をご覧になる事をおすすめしますので、詳しい内容等はこちらでは大幅に割愛します。

この映画で問題行動の多い主人公マクマーフィーに対して最終的に、その行動を抑制するために「前頭葉摘出療法」がほどこされる事になりますが、その影響で彼は廃人になってしまうという悲の結末をむかえてしまう事になります。

 

今の社会においても、精神疾患で苦しんでいる患者は多く存在しますし社会秩序を乱してしまうような「統合失調症」や持続的な「そう病」はどうしても強力な「抑制」という方法をとらざろう得ないというのが現状でも変わりない事実。

しかし秩序ある社会の維持は誰もが望んでいるものです。

もしかしたら映画中で描かれているような医療サイドによる患者サイドに対する「抑制」と「管理体制」にある種の悲哀を感じてしまう方もいるかもしれません。

それは間違いとは思いませんが、現実的に考えても、このような患者が街中にあふれてしまったら、我々が望む秩序的社会が壊れてしまうとも限りません。

この映画が描かれていた時代の精神疾患を持つ患者への「隔離」と「投薬による行動抑制」または「行動抑制のための摘出」等はその対処方法が研究段階であったと思われるので、どうしても現代の方法と違って荒々しく行われてしまうという事はあったに違いないが、医療側としてはそれが最善であろうという方法をなるべく人道的に行おうとはしていたのではないかと。

劇中で最後に、主人公マクマーフィーに触発された世界に心を閉じることで精神疾患に思えた背の高いインディアン風の男チーフが、自分の意思でこの病院の壁を壊してそこから出て行くという描写がありましたが、それがこの映画の唯一の救なのかもしれません。

いろいろな側面から精神疾患を考えるきっかけになると思う映画です、よろしければ一見してはいかがでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です