コレステロールの働き。真実は?

動脈硬化症のリスクを減らすためにコレステロールだを減らそうと警鐘を鳴らす医療サイドだがそれは真実なのか!

そもそも人間の中にあるコレステロールの7割は体内の肝臓で生成されて、残り3割が食事によるものである。このように体内で生成されるという事はコレステロールは体にとってとても大切なものゆえ。

実際コレステロールは細胞膜ホルモン脳の組織抗炎症物質のビタミンDの原材料などとして用いられていて

このコレステロールを強制的に作られなくするという投薬は上記のような健康を担う材料が減少することによる筋力低下性力減退精神活動の異常などの副作用を起こすリスクが生じると考えられる。

よくコレステロールは善玉と悪玉という2つに分けられて説明されているが、本当はコレステロールは1つであって、善玉も悪玉もないのが事実である。

肝臓で作られて脳や筋肉などの細胞に運ぶのが善玉、体内で余ったものを肝臓で再利用するために戻されるものを悪玉と呼んでいるに過ぎない。

動脈硬化症のリスクを減らすためにコレステロールを減らそうと警鐘を鳴らす医療サイドだが本当にそうなのであろうか

そもそも人間の中にあるコレステロールの7割は体内の肝臓で生成されて、残り3割が食事によるものである。このように体内で生成されるという事はコレステロールは体にとってとても大切なものと考えられる。

実際コレステロールは細胞膜、ホルモン、脳の組織、抗炎症物質のビタミンDの原材料として用いられていて

このコレステロールを強制的に作られなくするという投薬は上記のような健康を担う材料が減少することによる筋力低下、性力減退、精神活動の異常になる副作用を起こすリスクが生じると考えられる

よくコレステロールは善玉と悪玉という2つに分けられて説明されているが、本当はコレステロールは一つで善玉も悪玉もないのが事実である。

肝臓で作られて脳や筋肉などの細胞に運ぶのが善玉で、体内で余ったものを肝臓で再利用するために戻されるものを悪玉と呼んでいるに過ぎない。

このような余ったコレステロールは肝臓に戻されて再利用するという働きを考えてみても、コレステロールがいかに体にとって重要なものであるかの根拠となる。

もしもコレステロールが体内でそれほど重要でないならば、余ったコレステロールは速やかに体外に排泄されるだろうがそうなっていない!

それでは巷で悪玉コレステロール(LDL)が増えると問題であるといわれている事はどういう事なのだろうか?

「LDL」にはその形が小さいものと大きいものとの2種類があります。

小さいものが問題を起こし、大きいものは問題ではないといわれていています。つまり悪玉コレステロールの中に良いものと悪いものの2種類があるという事。

この悪いLDL(形の小さい悪玉コレステロール)は日常の食生活の中の糖質の過剰摂取によって生じるもの。

これについては体内の脂質との関係が重要なものであるのでこれについて立ち返ってみよう。

まず中性脂肪は過剰な炭水化物の摂取によって増加します。

世界の循環器の学会では血液検査での総コレステロール値(VLDL+LDL+HDL)を加算した数値であるが、この総コレステロール値が高いことと心臓病のリスクには因果関係がないということは循環器研究で明らかにされています。

それよりも中性脂肪とHDLの関係が重要とされています。

世界の循環器の学会では血液検査での総コレステロール値(VLDL+LDL+HDL)が高いことと心臓病のリスクには因果関係がないということは循環器研究で明らかにされています。

それよりも中性脂肪とHDLの関係が重要とされています。

具体的にはこの中性脂肪からHDLを割った数が2以下であれば大丈夫で、6以上であれば動脈硬化や高血圧のリスクが増えるといわれています。

 

中性脂肪が高くてHDLが低い→危険

中性脂肪が低くてHDLが普通→安全

 

とにかく中性脂肪が高くなるのは過剰な炭水化物を摂取する食生活です。インシュリン値が過剰になりやすい食事をとり続けると、いわゆる悪いHDL(形の小さい悪玉コレステロール)が増えるために病気になる可能性が高くなる。

つまりコレステロールの悪影響を減らすために注意を払わないといけないボトルネックとは…

むやみにコレステロール生成を阻害する投薬療法より、過剰な中性脂肪を作り出すような普段からの食生活が糖質過剰(炭水化物過剰摂取)にならないように注意するという事こそが大切!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です