サプリメント 効果。その実態に迫る!

現在、巷でたくさんの健康食品が出回っています。テレビのスイッチを入れると、深夜番組やお昼のCMなどでもおなじみの番組が流れています。

その多くは肥満、冷え性、倦怠感、肩こり、高血圧、高脂血症、痛風などといわれている生活習慣病と呼ばれている疾病に効果的であるという点がセールスポイント。

もし現代医学の薬学療法がこのような生活習慣病に対して効果的であって、それらの病気が根絶しているのであれば、これだけ多くの健康品食が人々から求められる事はないのでは?

そこで今回は健康食品について考えてみました。

まずよく耳にする健康食品をランダムに並べてみました。青汁、モロヘイヤ、クロレラ、プロポロス、乳酸菌食品、ウコン、カルシウム、マグネシウム、健康茶などなど。

その効能を単純に考えてみますと「解毒」と「微量栄養素の補給」という2つの効果に集約されるように思えます。

つまり健康食品にあって多く力の現代薬学にないものとは要約すると

「解毒」と「微量栄養素の補給」の2つであり、この2つこそが本当は生活習慣病改善へのキーワードなのでは?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です