ソフトドリンク摂取と青年期の不安やうつ病

これまで、ソフトドリンク摂取と青年期アジア人におけるメンタルヘルス問題との関連についての報告はなかった。中国・中南大学のXingyu Zhang氏らは、青年期中国人におけるソフトドリンクと不安やうつ症状との関連について調査を行った。Public Health Nutrition誌オンライン版2019517日号の報告。

 本研究は、ソフトドリンク摂取およびソフトドリンクからの糖分摂取と不安やうつ症状との関連性について、全般性不安障害のスクリーニングツール(GAD-2)およびうつ病のスクリーニングツール(PHQ-2)を用いて評価した横断的研究。対象は、2017年に中国・長沙の総合大学に入学した大学生。

 主な結果は以下のとおり。

・調査を完了した学生は8,226人、そのうち全身性障害のない学生8,085人について分析を行った。
7回以上/週のソフトドリンク摂取をしていた学生は、ほとんど摂取していなかった学生(人口統計学的および行動学的要因で調整)と比較し、GAD-2スコア(平均差:0.1595CI0.070.23)およびPHQ-2スコア(平均差:0.2795CI0.190.35)が有意に高かった。
25g以上/日の糖分をソフトドリンクから摂取している学生は、摂取していなかった学生と比較し、GAD-2スコア(平均差:0.1195CI0.040.18)およびPHQ-2スコア(平均差:0.2295CI0.150.29)が有意に高かった。
・この関連における肥満への影響は、臨床的に有意ではなかった。

 著者らは「7回以上/週のソフトドリンク摂取または25g以上/日の糖分をソフトドリンクから摂取している学生は、不安およびうつ病が有意に高レベルであった。青年期の不安やうつ病を予防するために、食事介入が必要である」としている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です