ヒポクラテスの誓いは治療家すべてのゆるぎない指標となりうるのです。

ヒポクラテスの誓い

 「医神アポロン、アスクレビオス、ヒギエイア、バナケイアおよびすべての男神と女神に誓う、私の能力と判断にしたがってこの誓いと約束を守ることを。この術を私に教えた人をわが親のごとく敬い、わが財を分って、その必要あるとき助ける。その子孫を私自身の兄弟のごとくみて、彼らが学ぶことを欲すれば報酬なしにこの術を教える。そして書きものや講義その他あらゆる方法で私の持つ医術の知識をわが息子、わが師の息子、また医の規側にもとづき約束と誓いで結ばれている弟子どもに分かちあたえ、それ以外の誰にも与えない。

私は能力と判断の限り患者に利益すると思う養生法をとり、悪くて有害と知る方法を決してとらない。頼まれても死に導くような薬を与えない。それを覚らせることもしない。同様に婦人を流産に導く道具を与えない。
 
純粋と神聖をもってわが生涯を貫き、わが術を行う。結石を切り出すことは神かけてしない。それを業とするものに委せる。いかなる患家を訪れるときもそれはただ病者を利益するためであり、あらゆる勝手な戯れや堕落のお行いを避ける。女と男、自由人と奴隷の違いを考慮しない。
 
医に関すると否とにかかわらず他人の生活について秘密を守る。この誓いを守りつづける限り、私は、いつも医術の実施を楽しみつつ生きてすべての人から尊敬されるであろう。もしもこの誓いを破るならばその反対の運命をたまわりたい」

「悪くて有害と知る方法を決してとらない!」

患者にとってなにが有害で、なにが有益であるのかという臨床現場における難しい問いに、謙虚な姿勢で望み続ける覚悟のようなものをも感じる文章です。

これからも治療に携わる者全ての者への警鐘になることでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です