ベンゾジアゼピンやZ薬と認知症リスク

高齢化とともに、ベンゾジアゼピン(BZD)やZ薬の使用は大幅に増加する。しかし、BZDZ薬は、認知症発症リスクに対する懸念事項となっている。台湾・国立陽明大学のLi-Yen Tseng氏らは、BZDZ薬の半減期や併用を考慮し、その後の認知症発症リスクを評価するためコホート研究を実施した。Neurotherapeutics誌オンライン版2019124日号の報告。

 対象は、台湾の全民健康保険研究データベースより抽出した、200312年に経口BZDまたはZ薬を新規で処方された65歳以上の高齢者。すべてのBZDは、さらなる比較を行うため、長時間作用型(20時間以上)または短時間作用型(20時間未満)に分類した。データは四半期ごとに集計した。薬剤の処方開始日から、死亡、認知症発症またはフォローアップ期間終了(20121231日)のいずれか早いものまでを集計期間とした。フォローアップ期間中に発生した、血管性認知症を除くすべての認知症イベントを特定した。

 主な結果は以下のとおり。

・対象患者は、26502例。
・短時間作用型BZD(調整オッズ比[aOR]1.9895%信頼区間[CI]1.892.07)およびZ薬(aOR1.7995CI1.681.91)の使用患者は、長時間作用型BZDaOR1.4795CI1.371.58)の使用患者よりも認知症リスクが高かった。
BZDまたはZ薬を2つ以上併用した患者は、これらの薬剤の単剤使用患者よりも認知症リスクが高かった(aOR4.7995CI3.955.81)。

 著者らは「BZDZ薬の使用は、認知症発症リスクを増加させる。とくに、短時間作用型BZDZ薬および併用は注意が必要である。これらの結果を明確にするためにも、さらなる介入研究が求められる」としている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です