レプチンの作用。食欲増加の根源

体の満腹感と脳の満腹感の架け橋になっている「レプチン」というホルモンは、過剰な食事による多くの病気を防ぐためのキーワード。

1994年にはじめて発見されたホルモンである「レプチン」である。通常体にあるホルモンは血中の中に存在しています。

インスリンというホルモンなどは、すい臓から分泌されて血中の中の糖を肝臓や筋肉や脂肪に運ぶ役割がある

レプチンはそのインスリンが運んでくれる脂肪細胞にあるホルモンの一つ。

インスリンの働きによって糖質を脂肪の形で貯蓄される場所が脂肪細胞。その役割は、今に来るであろう飢餓から生命を守るためのエネルギーの備蓄庫として機能します。

その貯蔵庫の中に存在するのがレプチンというホルモンです

先ずは血液に存在する糖が有り余った状態になると、インスリンという運搬作業員が脂肪細胞という場所をノックして「糖を持ってきたよ!」と声をかける。

声をかけられた脂肪細胞は「ありがとね!」と言いいながらその糖をためこんでいくという感じ

食糧難が続くかもしれない昔なら、この働きは生命維持に対してとても重要なものだったのですが、

現代のような食料の豊富な環境においては、余分すぎる脂肪細胞の形成を促してしまう肥満という状態になる。

しかし脂肪細胞にも脂肪を蓄積する限界値というものがあります。

糖をため込む限界を超えた脂肪細胞は脳に「もう十分ですので糖はいりません」というシグナルを脳に送るために使われるのが脂肪細胞の中にあるレプチンです。

しかしこれには問題がありまして

このレプチンをつかって脂肪細胞が何度も何度も脳に対して「満腹ですよ」というシグナルを送りすぎると、今度は脳のほうがそのシグナルに対して鈍感になるという事です。

例えば仲良しの人から1時間に何度も何度も同じことで電話で連絡があるとしたら、最初のうちはいいけどそのうちその連絡が面倒になって

挙句はその回線を切りたくなると思いますが、まさにそのようなことが脂肪細胞と脳との間でおこってしまう。そのメッセンジャーがレプチンです。

糖質過剰な食生活を続ける事によって脂肪細胞が増えていきます。

増えすぎた脂肪細胞からは多くのレプチンが分泌され、脳の満腹中枢に「お腹いっぱいですよ!」というしつこいシグナルが発信しつづけられられる事になると…

そのしつこさから脳がそのレプチンからの「満腹ですよ~。」という連絡に対して不感的になってしまったその結果

脳は、目の前にある食べものが自分にとって今どれだけ必要なのか否かがわからなくなり、胃の膨満感があるにも関わらず食べることをやめないという事になる。

これを逆手にとって考えればつまり、レプチンが過剰に分泌しない体の状態を作り出す事が肥満防止になると考えられるでしょう。

レプチンの過剰な分泌をなくすためには肥満細胞を大きくする大本である過剰な炭水化物(糖質)中心の食事を見直す」ことが最も重要な事だと思います!

(過剰な糖分摂取による悪影響のループ)

  1. 糖質過剰な食生活
  2. 慢性的な高血糖値状態
  3. インスリンの働きによる脂肪細胞への糖の蓄積促進
  4. 脂肪細胞が肥大
  5. 肥大した脂肪細胞から多くのレプチンは分泌
  6. 多くのレプチンは満腹中枢神経を不感症にする(レプチン抵抗性)
  7. 不感症になった満腹中枢神経は不必要な食事をとる
  8. 不必要な食事は慢性的な血糖値を上げる
  9. 血糖値が上がれば脂肪細胞が肥大する
  10. レプチン増加
  11. 満腹中枢が働かなくなる
  12. これらの悪いループが続く……

自分でできる対処方法としては以下の通りです↓

  1. 過剰な炭水化物摂取を控える
  2. タンパク質や良質な脂質を摂取する
  3. 適度な続けられるエクササイズを行う

肥満でお悩みの方はこのようなことを見直してはいかがでしょうか!

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

(治療プラン)

① すい臓に関係する中部胸椎から上部腰椎に自律神経に不均衡をきたすような脊柱のずれが検出されればその場所のアジャストメント

② 食品アレルギーの特定とそのしかるべき摂取制限という対処方法を勧める。

③ 適度なエクササイズを勧める

この三大柱で治療を行うことになると思われる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です