レモン水はどうですか

YouTubeで「レモン水は体に良い」という動画があったので、これは手軽にできる健康法かもと思い立ちもう少し詳しく調べてみることにしました。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

上記をまとめると

  1. 消化機能に良いペクチンを含んでいるために整腸作用がある
  2. レモンに含まれるミネラル補給によっての健康効果
  3. 抗酸化作用成分が含まれるためにそれらの減少による疾患の予防になる
  4. 肝臓機能を高めてくれる
  5. 酸性に傾いている体内の状態を健康なアルカリ性にもどしてそれに伴う疾患(痛風、リウマチなど)の改善が期待される
  6. 体の新陳代謝を向上させる

と述べられていますが、以下はこれにたいしてのアンチ説

  1. レモン水に含まれるペクチンは少量であるために整腸作用に大きく貢献するとは考えにくい
  2. 食べもののpHは直接身体のpHには関係ない。
  3. 普通の水とレモン水を比べてデトックス効果には差がないという研究があるために、レモン水が肝機能を高めてデトックス効果を促進するとは限らない。
  4. 新陳代謝というものは体内の熱生成を向上させるということのようですが、レモンにそのような効能はない(カイエンペーパーのような食品に限っては熱生成を向上させるために、新陳代謝を苦情させるという食品である)
  5. レモンに含まれるミネラル含有量は思ったより少量である。

「レモン水は体に良い」という話は巷受けしているようですが、研究者の目から見ると意外に手厳しく指摘されているようです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です