中身はおっさん?ではなくて、中身はにじみ出るもの

宇宙物理学の重力理論では「内部の情報は外部表面に蓄えられている」と考えられていいる。つまり見た目はその内面性の表れであると考え、主にブラックホールの内部を把握するためにブラックホールの表面で起きている事を注意深く観測し分析して、その内部の状態に迫ろうとしてるのです。(ホログラフィーの原理

「ぼろは着てても心は錦♪」のアンチテーゼ?

東洋医学の診断法では患者の内臓の働きを診るために、その皮膚や髪や爪の状態で病気を診る「視診」という方法があります。

皮膚細胞は、体内に摂取したものを最終的に肝臓が皮膚というパーツに組み立てることで成り立っているので、皮膚細胞を構築する材料と内臓という細胞生成工場の状態で、その作られる皮膚という組織に変化が起きるということは、中身は見た目という事にリンクする。

良い果実を実らせる木とは、肥えた土地と健康な根の状態を想像させてくれるし、お金持ちの身の回りにある物は高級品であることが多いという事を考えると

中身の情報は外見に表れるという法則は、宇宙物理学から人間の健康状態まで共通する法則であるということが興味深い。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です