人工甘味料はどうなの

肥満やうつ症状についてですが、ダイエット効果を求めるためのエクササイズや減量のためのダイエット食品が巷で多くみられる今日、多くの人がその症状などで困っているのではないかと思われます。

多すぎる脂肪細胞は体内の炎症物質を増加される傾向があるために結果的に精神にかかわる脳内ホルモンなどに影響を与えてしまうという状態にもなるために、慢性疲労や睡眠不足になる傾向の人が多い。

アメリカなどでは肥満の人は仕事ができない人というレッテルをはられてしまう事もあるようだ。

そこでダイエット食品を求める事になるのですが、そのダイエット食品に用いられている材料は本当にダイエットに効果的なのかどうかについてはよくよくその成分と効能を理解していかなければいけない可能性がある。

テレビや雑誌や公に発表されている医学研究などが本当にダイエット食品の効能が事実であると何の疑いもなく受け入れる事は危険かもしれないという事についてつらつらと

高カロリー食品は肥満になる、低カロリー食品は肥満を防止するというような宣伝文句ダイエット食品を製造する多くの食品業界で良く用いられるうたい文句にではあるがそれは本当なのか

 

カロリーゼロという食品はカロリーはゼロではあるが甘みを感じておいしくダイエットできるというものが多い。このからくりには人工甘味料が大きくかかわっています。

人工甘味料の代表としてはアスパルテームである。

(人工甘味料の過剰摂取による肥満への影響)

  1. 人工甘味料を摂取する

  2. 工甘味料の摂取によって血糖値が上がったと脳やすい臓が勘違いしてインシュリンを血中に放出

  3. 過剰なインシュリン分泌による脂肪細胞からの過剰なレプチン分泌

  4. 過剰なレプチン分泌は満腹中枢の働きを低下させる

  5. 多くの食べものを摂取しまいと満腹を感じないために、余分な食物を摂取するということが習慣化される

  6. 肥満の助長。

人工甘味料によってインシュリンが多く分泌されている状態で、ほかの糖や脂肪を食品から摂取するという事は、通常よりより多くのインスリンが分泌される事によって、よりレプチンが過剰に分泌されてしまうという悪循環を引き起こすことになる。

つまり人工甘味料をとらない状態と人工甘味料をとった状態とを比べると、人工甘味料をとった後のインシュリン分泌はより多くなるイコール、レプチン分泌の過剰分泌を引き起こし、結果肥満になりやすいという事になる。

こう考えるとカロリーが低い人工甘味料は体内ホルモンの働きを考えると、より肥満になるリスクがあると考えられる。つまりカロリーが低く人工甘味料を添加されている食品は肥満になるという事。

また人工甘味料の代表であるアスパルテーム2004年のBMJ(ブリティッシュメディカルジャーナル)によると人工甘味料は安全であるという発表かあるが、その人工甘味料の安全性と唱える論文の約9割は食品業界側からの資金で運営される研究所からの報告であるという。

しかしその対極である立場(食品業界の資金をまったくもたない研究機関)でのアスパルテームによる健康被害の研究論文では約8割以上がうつ病や頭痛などを引き起こす可能性があるという報告を上げているとのこと。

こう考えると社会的に権威のあるとされている「医学論文」の操作が容易であるという事を示しているかもしれない。

(アスパルテームの精神機能への影響)

  1. アスパルテームは体内で「フェニルアラニン」「アスパラギン酸」に分けら

  2. 「アスパラギン酸」「アスパラギン酸」は脳内セロトニン合成を阻害する

  3. セロトニンが減少することにより、うつ症状になる可能性がある。

(対処方法)

  1. 人工甘味料などの摂取を控える。

  2. カロリーゼロという食品に気をつける。

食品の安全性の公的機関の公的な研究論文には要注意。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です