スマートドラッグ。学生にまん延の兆し

受験を控えた学生の間で密かに流通しているスマートドラック。試験問題を解くにはその勉強に対して多くの集中力と持続力を必要とするが

それを安易に提供できるという魔法の薬としてのイメージで出回っている様だがそれは脳の中枢神経薬様に働くために、その副作用で逆に体調不良のために勉学に支障が出て困るという学生も少なくないらしい。

このスマートドラックは以下の三種類に分かれている(ウイキペディア参照)

① コリン作用性→脳内で集中力を促すアセチルコリンを増強させる。

② ドーパミン作用性→やる気ホルモンのドーパミンを脳内で増やす

③ セロトニン作用性→リラックスした明晰力をつかさどるセロトニンを増やす。

いずれにせよ上記の物質はもともと脳内に存在しているもので、それは常日頃バランスよく活動しているが、スマートドラックは長期で考えるとその健全なバランスを損なうことになる(シナプス間隙での可塑性受容体の減少とか….)

このような危険なドラック摂取はご法度で健やかに過ごしたほうが得策でしょう。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です