体の冷たい女性の「あの症状」はリスク5倍!

International journal of women’s health誌2019年1月の報告より。

(「冷え性の女性」のリスクについての研究)

福島県立医科大学の研究によると、冷え性の女性は腰痛になる確率が約4.9倍、難聴になりやすいリスクが約4.8倍なりやすいことが研究で明らかになった。

冷え性の女性はさまざまな健康被害を受ける可能性がリスクを伴うようです。エクササイズなどの運動だけではその効果は不十分な場合があり、食事や睡眠という総合的なケアが必要であるようです。

この研究は2016年2月~2017年4月にかけて日本人女性238人を対象に手足の冷えとその他の主観的症状について疫学的評価を実行し、その関連性について調査した。

人口の統計、エクササイズ、過去1年間の自覚症状をアンケート調査した結果

手足の冷えとその他の主観的症状との関連性は「多重ロジスティック回帰分析」を用いて検証した結果は以下のとおり。

・冷え性の有病率は、軽度が49.6%、重度が35.3%であった。
・気温と医療サービスの利用は、冷え性の重症度によって差はなかった
・冷え性に関連した症状は、疲労肩こり、腰痛、頭痛、鼻づまり、けが、難聴であった。
・多重ロジスティック回帰分析の結果、冷え性の人は、腰痛に4.9倍、難聴に4.8倍なりやすかった。
・要因としては、精神的な生活の質、睡眠の質、習慣的な飲酒がその他の主観的症状とダイレクトに関連していた。


 西洋医学において、冷え性に対する医療サービスは確立されていないというのが現実である。

この側面についてはまだ認識されて東洋医学的な伝統医学に学ぶ必要性があるかもしれない。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

 (カイロプラクティックケア)

冷えとはつまり体温低下の状態を示すという事から考えて、それでは人の体温はなにによって作られているのであるのかという原点に立ち返ってみるとやはり「ミトコンドリア」の活動はおおいに関係しているのではないかと個人的には思います。

冷え性とはミトコンドリアの活動が低下しているという安易な因果関係だけで見てみると、冷え性改善を行うためには

  1. 体内のミトコンドリアを活性化させる食物を摂取
  2. ミトコンドリアの活性化のために適度なエクササイズを行なう
  3. ミトコンドリアの活動を低下させる食品や薬品は摂取しないようにする

という方法を考えてみる事などは、冷え性の予防という面では有効な方法ではないかと思います。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。


満眠茶[みんみんちゃ]20包(酸棗仁・棗の実・アマチャヅル・生姜)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です