何を覚えていますか?

人間の脳は「成功体験」より「失敗の経験」のほうを優先的に記憶しようとする傾向が強いといわれています。

我々人類が自然界で弱者の立場だった古代では、そのほうが種の継続という面では合理的であったからです。

病気になったということを失敗とすると、それは健康であった時の記憶を退けて脳内に強く印象づけられるという事になるのでしょう。

病気をしたというネガティブメモリーも、今後同じような不健康になるというミスを犯さないように注意を払おうとする意識になるならば、

人類史の古代から受け継いだ脳のこのような機能もそれはそれで悪くない結果に向かうのでしょう。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です