免疫力を高めるための体温

酵素は3638度という体内環境で優で最もその活性が安定します。感染症などで発熱が促進した場合、酵素はその働きを促進させ、それをきっかけにそれは免疫細胞の生成とその活動を促すことにより、感染症を打開する重要な役割も担うようです。

なんといってもウイルスや感染した菌は熱に弱いので、酵素活動による熱生成は体内環境を整えるのには都合がとてもよいもの。

また体内のビタミンやミネラルやホルモン生成などにも代謝酵素の働きでおこなわれています。

体温が0,5度下がると免疫力は30%低下するといわれているし、大部分の菌やウイルスは38度で死滅するし、ガン細胞出さえも42度が限界点。

運動不足による筋肉細胞のエネルギー生成のための酵素活性化の低下、体内環境の酵素活性を阻害しているのではないかと疑われている食物添加物や保存料なども低体温をつくりだす要因の一つ。

低体温状態は自律神経、血液循環、新陳代謝、消化吸収、免疫維持という正常な恒常性活動にとって大敵。

酵素の生化学的反応と生命活動活動との因果関係は考え深いものです。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です