再び現れるパラケスス~

「薬」は多量に服用されると「毒」になるという事実。

同じ分量で処方されたとしても、人によっては「毒」になったり「薬」のような作用をおこす事はよくある事。

そう考えると、影響を受けるものはどんなものでも「さじ加減」というインテリジェンスが必要不可欠ですが

このさじ加減が意外に難しい。

極論ではあるが、「薬」「毒」もそれ自体そのような効力があるわけではなく、あくまでもその生体がそれに反応した結果ともいえるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です