時間は有限!効果的な事は常に結果を得るまでの時間が短い。

現在、テクノロジーの進歩によって、より快適な生活を営めるようになった代償があるとすればやはり個々のプライベートな時間の確保が難しくなっているという事でしょか?

そうなるとやはり疾病の治療も、より効果的で維持性のある方法で望まれたほうがベスト!

例えば、腎臓疾患が原因の腰痛には患部のマッサージもよいがこの場合、やはりその病理に対する処置を集中的に行うほうが、無駄な出費と余計な時間を使わずに済む恩恵が受けられるもの。

あるいは、第一脛椎のフィクセーション(脛椎1番の関節面の固定化)がトリガーとなって第5脛椎神経の悪性刺激が起きているヘルニア症状(支配域部への痛み、しびれ、麻痺等の症状発生)に対してのペインコントロールのみの処置だけでは、ヘルニア症状が再発するリスクを払拭しにくいと考えられ….

この世の中、どんな人にも平等に与えられているのが「時間」

数々の病態の症状という結果を正しく受け入れ、それに対する最善の治療方法のみが自分だけの与えられた限りある時間を有効に活用する秘訣なのでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です