吸入ステロイド使用者、認知症リスクが35%低い

アルツハイマー病の病理学的カスケードにおいて神経炎症が重要な役割を示すことが報告され、神経炎症が治療標的として認識されてきている。今回、ドイツ・ロストック大学のMichael Nerius氏らが、ドイツにおける縦断的健康保険データを用いて認知症リスクに対するグルココルチコイドの影響を検討したところ、グルココルチコイドの使用が認知症リスクの低下に関連していることが示唆された。Journal of Alzheimer’s disease誌オンライン版20191118日号に掲載

 本研究では、50歳以上の176,485人のベースラインサンプルにおいて、ドイツ最大の健康保険会社の200413年の健康保険データを使用し、グルココルチコイド治療と認知症の発症率との関連を調べた。Cox比例ハザードモデルにより、性別、年齢、認知症の主要な危険因子として知られている併存疾患を調整後、ハザード比(HR)と95%信頼区間(CI)を算出した。さらに、グルココルチコイド治療について投与経路および治療期間で層別化して検討した。

 主な結果は以下のとおり。

・認知症ではない176,485人のうち、2013年の終わりまでに19,938人が認知症と診断された。
・認知症発症リスクは、グルココルチコイド非使用者に比べ、使用者で有意に低かった(HR0.8195CI0.780.84)。
・投与経路別にみると、吸入グルココルチコイドの使用者で最もリスクが低く(HR0.6595CI0.570.75)、次いで点鼻(HR0.7695CI0.660.87)、その他(HR0.8495CI0.800.88)と経口(HR0.8395CI0.780.88)の使用者で低かった。
・長期使用者と短期使用者でリスク減少に差はなかった。

 著者らは「グルココルチコイドが神経炎症にプラスの影響を与え、人々から認知症から守ることができるかどうかを判断するには、前向き臨床試験が必要」としている。

認知症発症説の一つである「血糖値上昇」→「血中インスリン値上昇」→「インスリン抵抗性によるアミロイドβの蓄積」→「脳神経のアミロイドβの蓄積」→「認知症の発症」

糖質コルチコイドはその働きが血中の血糖値を上昇させるという働きを考えると、上記の認知症仮説から逸脱する臨床結果なのかどうか?

今後の前向きな臨床研究結果が気になるところです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です