善玉、悪玉コレステロールといわれるが….

コレステロールと聞くと「善玉」「悪玉」という極面があって、善玉は体に良いことをするが悪玉は体に悪さをするという印象を受けてしまう。

しかし本当にそうなのだろうか?。

実際、善玉悪玉とはコレステロールを運ぶための運搬車のようなもので、働きとしては善玉コレステロールは血液の中の余分なコレステロールを肝臓に戻し、悪玉コレステロールは各細胞の壁や体にとって大切なホルモンなどの材料となるために必要なパーツにそれを届けるという運搬係であるという事実を考えてみると

善玉は正義悪玉は悪という考え方をベースに現代医学の投薬治療としてのアロパシー(対症療法)は本当に効果的なのだろうか?

投薬などで体内の悪玉コレステロールが減少して、その結果総コレステロール値が減少したとしても

体の中で大切な細胞を構築しているコレステロールが必要な場所に届かないという事はまるで

基礎や骨組みは頑丈にした建築物に手薄なべニア板を張り付け、見た目は良いが弱い構造物ができてしまうという事と類似するのではないか?

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です