喫煙者の高い認知症リスク、禁煙3年で軽減

禁煙と認知症リスクの変化について米国のARIC研究の結果が報告されているが、今回、東北大学のYukai Lu氏らが、日本の前向き研究である大崎コホートにおける縦断的分析の結果を報告した。本研究では、3年以上禁煙した場合、認知症発症リスクは非喫煙者と同じレベルまで低下することが示唆された。European Journal of Epidemiology誌オンライン版2020215日号に掲載。

 本研究の対象は65歳以上の日本人12,489人で、5.7年間追跡調査を実施した。2006年に喫煙状況およびその他の生活習慣の情報を質問票にて収集した。認知症発症に関するデータは、公的介護保険のデータベースから取得した。Cox比例ハザードモデルを使用し、認知症の多変量調整ハザード比(HR)および95%信頼区間(95CI)を推定した。

 主な結果は以下のとおり。

61,613人年の追跡調査の間に、認知症が1,110例(8.9%)に発症した。
・現在喫煙者は非喫煙者に比べて認知症リスクが高かった(HR1.4695CI1.171.80)。
・元喫煙者の認知症リスクは、禁煙2年以下では依然高かった(HR1.3995CI0.962.01)が、禁煙3年以上では喫煙による認知症リスクの増加が軽減された。禁煙年数ごとの多変量HR95CI)は、禁煙35年で1.030.701.53)、610年で1.040.741.45)、1115年で1.190.841.69)、15年以上で0.920.731.15)だった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です