団子三兄弟では足りません。身体防御4兄弟!!

人間の体にはもともと病気にならないような防衛隊が存在していて、その防衛隊はまるで軍隊のように種類別の部隊が存在しています。いわば入ってきた病原菌やウィルスなどを解毒するための兵士。それは4部隊で我々の体を守っています。

(体を守る四部隊)

① 第一部隊→鼻腔や肺や口腔の粘膜部隊(症状はくしゃみやせきにより進入した菌やウィルスを追い出す部隊)

② 第二部隊→胃粘膜による解毒や消化部隊(症状は嘔吐)

③ 第三部隊→腸粘膜による解毒(症状は下痢など)

④ 第四部隊→肝臓や腎臓による解毒

この防衛隊が必要であれば自らが好む好まないに関わらず体は遠慮なく症状を起こします。このような症状は精神衛生上必ずしもよいものではないのですが、体を守るための大切な防衛軍!

という事は、やはり症状は体の味方であると考えるべきなのでは!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です