中身は外に現れる

人間でいうなら、土の状態をつくりあげるのはなんていっても「食べ物」!。

食べたものは、体の自律的システムによって一つ一つオーダーメイド化され、自分の体の一部になり絶妙に活用されるようになる。

部材の古いパーツで造り上げた建物は、よい部材で作られた建物に比べると、壊れやすいもの。

この建物の法則はそっくりそのまま、人間の健康維持の方程式に当てはまる事だと思う。

以下の著者である福岡伸一さんの代表作である「動的平衡」という書籍はこれを明確に説明されていると思いますので、ご興味のある方は一見されてはいかがでしょうか。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

以下の書籍などは参考の一つにでもしてみてください。


動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です