強すぎる薬は毒薬になりえるもの!

2012/07/27 【共同通信】
(うつ病学会、安易な薬使用に警鐘 医師向けに初の指針)

「日本うつ病学会は27日までに、多様化するうつ病を適切に治療するための医師向け指針をまとめた。次々に開発されている抗うつ薬の有効性や副作用に関する情報を盛り込み、軽症者の安易な薬物療法に警鐘を鳴らしたのが特徴だ。学会が指針をつくるのは初めて。

厚生労働省の推計によると、国内のうつ病の患者数は1999年の約24万人から、2008年には70万人を超え急増。年間3万人を超える自殺の主な原因ともされている。同学会は最新の医学的知見を盛り込み、現在の医療体制や現場の実情を考慮した指針が必要と判断した。」

製薬会社や診療内科医が一番触れてほしくない国からの御触れがとうとう出てきました。うつ病の治療と証した抗うつ剤処方による治療(??)にとうとう陰りができきましたようです。

それだけ(SSRI)による薬害が、社会的な悪影響を及ぼしているといった事例が増えてきたのでしょう。

残念ながら僕の知る限り、抗うつ剤の服用によってそのうつ病を克服したという例は、処方量が増えて症状は変わらないという症例はよく聞きますが、処方による効果で病状が改善したという事は今まで聞いたことありません。

そういえば一例だけ特殊な例があります。

彼は処方された薬を禁断症状を覚悟で自ら止め、その結果うつ病を克服したそうです。

この方法は管理が難しいと思われるのであまりお勧めできませんが、この例から考えても、抗うつ剤の恐ろしい実態がうかがい知れるかもしれません

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です