アレルギー症状。悪いものは体の外へ!

体内の解毒の働きは自律神経の副交感神経の働きによるものです。体に入った危険な異物を体外に追い出すということをする神経です。

体の中から異物を追い出すということはつまり解毒作用という事で、その症状としては「発汗」「嘔吐」「下痢」「発赤」(かゆみ等)があります。

巷でよくいわれてる「食品添加物と病気」などは、もともと人体に不必要な物質が体内に累積した結果、その多すぎる添加物を過剰に解毒しようとしての副作用として副交感神経系が暴走した結果、そのようなアレルギー症状がでているとも考えられかも。

様々なしがらみやその業界内の関係性の複雑さからだとは思われますが、食品添加物と病状の因果関係は未だ研究が進まないのが現状で残念。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です