慢性炎症性皮膚疾患、帯状疱疹リスクと関連

アトピー性皮膚炎や乾癬などの慢性炎症性皮膚疾患(CISD)と帯状疱疹の関連が示された。米国における横断研究の結果、帯状疱疹ワクチン接種が低年齢層で推奨されているにもかかわらず、多くのCISDで帯状疱疹による入院増大との関連が認められたという。米国・ノースウェスタン大学フェインバーグ医学院のRaj Chovatiya氏らが報告した。CISD患者は、帯状疱疹の潜在的リスク因子を有することが示されていたが、CISDの帯状疱疹リスクについては、ほとんど知られていなかった。今回の結果を踏まえて著者は、「さらなる研究を行い、CISDに特異的なワクチンガイドラインを確立する必要があるだろう」と述べている。Journal of the American Academy of Dermatology誌オンライン版2020117日号掲載の報告。

 研究グループは、CISDと帯状疱疹の関連を明らかにする目的で、200212年の全米入院患者サンプル(Nationwide Inpatient Sample)のデータを用いて、米国の入院患者の代表コホート(小児と成人6,8088,221例)について解析を行った。
 年齢、性別、人種/民族、保険状況、世帯収入、および長期の全身性コルチコステロイド使用を含む多変量ロジスティック回帰モデルを用いて評価した。

 主な結果は以下のとおり。

・帯状疱疹による入院と、アトピー性皮膚炎(補正後オッズ比[OR]1.3895%信頼区間[CI]1.141.68)、乾癬(4.782.838.08)、天疱瘡(1.771.013.12)、類天疱瘡(1.771.013.12)、菌状息肉症(3.792.555.65)、皮膚筋炎(7.315.2710.12)、全身性強皮症(1.921.472.53)、皮膚エリテマトーデス(1.941.103.44)、白斑(2.001.043.85)、サルコイドーシス(1.521.221.90)との関連が認められた。
・扁平苔癬(補正前OR3.0195CI1.366.67)、セザリー症候群(12.145.2028.31)、限局性強皮症(2.741.365.51)、壊疽性膿皮症(2.441.165.13)は、二変量モデルにおいてのみオッズ比の上昇が示された。
60歳未満および50歳未満の感度解析でも、類似の結果が示された。
CISDにおける帯状疱疹の予測因子は、「女性」「慢性症状がより少ない」「長期にわたるコルチコステロイドの全身使用」などであった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です