日本人男性の食事と死亡率、60年でこう変わった

日本人の食事の欧米化が進んでいるが、過去60年間の食事パターンはどの程度変化しているのだろうか。また、それは冠動脈疾患の死亡率に関連しているのだろうか。久留米大学の足達 寿氏らは、Seven Countries Studyの中の日本人コホートである田主丸研究(久留米大学による久留米市田主丸町住民の疫学調査)において、栄養摂取量の変化と冠動脈リスク因子または死亡率の関係を調査した。Heart and Vessels誌オンライン版2020129日号に掲載。

 本研究では4064歳の男性すべてを登録し、被験者数は、1958628人、1977539人、1982602人、1989752人、1999402人、2009329人、2018160人であった。195889年は24時間思い出し法、195889年は食事摂取頻度調査票を用いて、食事摂取パターンを評価した。

 主な結果は以下のとおり。

1日当たりの総エネルギー摂取量は、2,837kcal1958年)から2,096kcal2018年)に減少した。
・炭水化物摂取量の全体に対する割合は84%から53%に著しく減少したが、脂肪摂取量の割合は5%から24%に大幅に増加した。
・年齢調整後の平均コレステロール値は167.9mg/dLから209.4mg/dLに急激に上昇し、BMI21.7から24.4に増加した。
・喫煙率は69%から30%に減少した。
・脳卒中およびがんによる死亡率は低下したが、心筋梗塞および突然死による死亡率は低いまま安定していた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です