海月なつぶやき

アゴニストやアンタゴニストなどの作用による受容体への可塑性による中枢神経への悪影響は今日では多くとり出されつつありますが、Ca拮抗剤などではその受容体への可塑性における悪影響はないのだろうか?

高血圧症における薬理療法の入り口として容易に使用されるCa拮抗剤、中枢神経のシナプス細胞の受容体への可塑性の危険性が水面下で取り上げられているようなので、同じ受容体として影響は同じように現れるのだろうか?

それとも血管壁に存在するCa受容体は中枢神経系受容体とは機能構造的に別の反応を示すのだろうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です