生物という事⇔鉱物という事

大雑把の分けるとこの地球には、「生物界」と「鉱物界」に区別する事ができます。

この「生物界」が「生物界」であるためには、生物との関わりと交流が不可欠。

つまり両者の双方向性がその環境を作るという事実。

双方向とは両者の循環とも考えられる事から、土と植物の根の関わりという循環は、人間の健全な体を作るおおもとになる体液循環系の健全性ともリンクしていて興味深い。

考えてみれば、人間は自然環境の一部として生命活動を営なんでいるという現実から

人間の生命現象と自然活動の営みに多くの共通点があって当然でしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です