仏教 苦しみの原因。知らぬは仏…の顔も三度まで~

病気を患うと僕も含め、往々にしてその症状自体がその病気の原因であるのではないかと考えがちになる。

例えば神経圧迫による四肢への症状があると、四肢の症状自体がその病巣のような気がして、四肢の症状を押さえる対処療法に強くコミットメントし過ぎる事はよくあること。

それはいずれ、神経症状をおこしている患部自体の損傷に対する適切な処置の遅れになり、回復の遅れを起こすという事につながりかねない。

これこそまさに、無知自体が苦しみの根本であるという釈迦の教えとの共通点である。

問題解決を速やかに行うには先ず、その原因を正しく把握する事がポイントとなると思います。

画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です