神経疾患は自殺死のリスクを高めるか

19802016年のデンマークでは、神経疾患の診断を受けた集団は、これを受けていない集団に比べ、自殺率が統計学的に有意に高いものの、その絶対リスクの差は小さいことが、同国Mental Health Centre CopenhagenAnnette Erlangsen氏らの検討で示された。研究の成果は、JAMA202024日号に掲載された。神経学的障害は自殺と関連することが示されているが、広範な神経学的障害全体の自殺リスクの評価は十分に行われていないという。

730万人で、神経疾患の有無別の自殺死を評価

 研究グループは、神経疾患を有する集団は他の集団に比べ、自殺による死亡のリスクが高いかを検証し、経時的な関連性を評価する目的で、後ろ向きコホート研究を行った(デンマーク・Psychiatric Research Foundationの助成による)。

 19802016年に、デンマークに居住していた15歳以上の730395人を対象とした。19772016年に、頭部外傷、脳卒中、てんかん、多発ニューロパチー、筋神経接合部疾患、パーキンソン病、多発性硬化症、中枢神経系感染症、髄膜炎、脳炎、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、ハンチントン病、認知症、知的障害、その他の脳疾患で受診した1248,252例のデータを用いた。

 主要アウトカムは、19802016年の期間に発生した自殺死とした。Poisson回帰を用い、社会人口学的因子、併存疾患、精神医学的診断、自傷行為で補正した発生率比(IRR)を推算した。

ALSとハンチントン病で自殺死率が最も高い

 16,1935,233人年の期間に、730万人以上の集団(男性49.1%)で35,483人(追跡期間中央値:23.6年、IQR10.037.0、平均年齢:51.9SD 17.9]歳)が自殺死した。

 自殺死の77.4%が男性で、14.7%(5,141人)が神経疾患の診断を受けていた。自殺死の割合は、神経疾患群が10万人年当たり44.0、非神経疾患群は10万人年当たり20.1で、補正後IRR1.895%信頼区間[CI]1.71.8)であり、神経疾患群で有意に高かった。診断からの期間によって、補正後IRRには違いがみられ、診断後13ヵ月が3.195CI2.73.6)と最も高く、10年以降は1.51.41.6)であった。

 自殺死の補正後IRRが最も大きい疾患は、ALS(補正後IRR4.995CI3.56.9)およびハンチントン病(4.93.17.7)であった。多発性硬化症の補正後IRR2.21.92.6)、頭部外傷は1.71.61.7)、脳卒中は1.31.21.3)、てんかんは1.71.61.8)だった。

 非神経疾患群と比較して、認知症(補正後IRR0.895CI0.70.9)、アルツハイマー病(0.20.20.3)、知的障害(0.60.50.8)は、自殺死の補正後IRRが低かったが、認知症では診断から1ヵ月以内の補正後IRR3.01.94.6)と高い値を示した。

 また、神経疾患群では、神経疾患による受診回数が増えるに従って自殺率が上昇した(受診回数1回の補正後IRR1.795CI1.61.7]、23回:1.81.71.9]、4回以上:2.11.92.2]、p0.001)。

 神経疾患群の自殺死は、198099年の10万人年当たり78.6から、200016年には10万人年当たり27.3に減少し、同様に非神経疾患群では26.3から12.7に低下した。

 他の死因による競合リスクを考慮すると、アルツハイマー病を除く神経疾患群は非神経疾患群に比し、診断から13ヵ月に自殺死の累積発生率(絶対リスク)が増加していた。神経疾患群における30年間の自殺死の絶対リスクは0.64%(95CI0.620.66)であり、そのうちハンチントン病は1.62%(1.042.52)、筋神経接合部/筋疾患は1.19%(1.111.27)だった。

 著者は、「ALSとハンチントン病の自殺死リスクが最も高いが、より頻度の高い疾患である頭部外傷や脳卒中、てんかんでも高い値を示した。認知症の診断直後のリスク増加は、引き続き注目に値する」としている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です