肉の摂取頻度が認知症リスクと関連

これまで、食物摂取と認知症リスクとの関連は、初発症状バイアス(逆因果関係)の可能性を考慮して研究されていなかった。

フランス・モンペリエ大学のLaure Ngabirano氏らは、肉、魚、果物、野菜の摂取頻度と認知症やアルツハイマー病(AD)の長期リスクとの関係について、初発症状バイアスを考慮して検討を行った。Journal of Alzheimer’s Disease2019年号の報告。

 12年間に24年ごとのフォローアップを行ったThree-city studyより、65歳以上のボランティア5,934例のデータを分析した。食物摂取は、簡潔な食物摂取頻度アンケートを用いて評価した。各フォローアップ時に、認知症症状の有無を調査した。

初発症状バイアスリスクを制限するため、データの組み入れから最初の4年間に発生したすべての認知症症例を分析から除外した。社会人口統計、生活様式、健康要因で調整した後、Cox比例ハザードモデルを用いて分析を行った。

 主な結果は以下のとおり。

・平均フォローアップ期間は、9.8年であった。

・フォローアップ期間中の認知症発症者数は、662例であった(AD発症者数466例を含む)。

・調整後、肉の摂取が少ないこと(1回以下/週)だけが、通常の摂取(4回以上/週)と比較し、認知症(HR1.5895CI1.172.14)およびADHR1.6795CI1.182.37)のリスク増加と関連が認められた。

・魚、果物、野菜の摂取と認知症またはADリスクとの間に関連性は認められなかった。

 著者らは「肉の摂取がかなり少ないと、認知症やADの長期リスクを増大させることが示唆された。これまでの研究からの知見は、初発症状バイアスが影響を及ぼした可能性がある」としている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です