英国で食品中の砂糖20%削減へ関連疾患は抑制されるか

20173月、英国政府は、食品製造および小売業界との協働で、シリアルや菓子類など特定の食品群の砂糖含有量を2020年までに20%削減する計画を発表した。イングランド公衆衛生庁(Public Health England)は、砂糖摂取目標を1日摂取カロリーの5%までとすることで摂取カロリーを11%削減し、これによって年間砂糖関連死を4,700件減らし、医療費を年間57,600万ポンド抑制するとのモデルを打ち出した。今回、同国オックスフォード大学のBen Amies-Cull氏らは、砂糖減量計画の潜在的な健康上の有益性について予測評価を行い、BMJ2019417日号で報告した。

砂糖減量計画の肥満、疾病負担、医療費への影響を検討

 研究グループは、英国政府による砂糖減量計画が子供および成人の肥満、成人の疾病負担、医療費に及ぼす影響の予測を目的にモデル化研究を行った(特定の研究助成は受けていない)。

 全国食事栄養調査(National Diet and Nutrition SurveyNDNS)の201213年度と201314年度におけるイングランドの食品消費と栄養素含有量データを用いてシミュレーションを行い、砂糖減量計画によって達成される体重およびBMIの潜在的な変化を予測するシナリオをモデル化した。

 シナリオ分析は、個々の製品に含まれる砂糖の量の20%削減(低砂糖含有量製品へ組成を変更または販売の重点の転換[砂糖含有量の多い製品から少ない製品へ])または製品の1人前分量の20%削減について行った。イングランドに居住する480歳のNDNS調査対象者1,508例のデータを用いた。

 主要アウトカムは、子供と成人の摂取カロリー、体重、BMIの変化とした。成人では、質調整生存年(QALY)および医療費への影響などの評価を行った。

10年で、糖尿病が154,550例減少、総医療費は28,580万ポンド削減

 砂糖減量計画が完全に達成され、予定された砂糖の減量がもたらされた場合、1日摂取カロリー(1kcal4.18kJ0.00418MJ)は、410歳で25kcal95%信頼区間[CI]2326)低下し、1118歳も同じく25kcal2428)、1980歳では19kcal1720)低下すると推定された。

 介入の前後で、体重は410歳で女児が0.26kg、男児は0.28kg減少し、これによってBMIはそれぞれ0.170.18低下すると予測された。同様に、1118歳の体重は女児が0.25kg、男児は0.31kg減少し、BMIはそれぞれ0.100.11低下した。また、1980歳の体重は女性が1.77kg、男性は1.51kg減少し、BMI0.670.51低下した。

 全体の肥満者の割合は、ベースラインと比較して、410歳で5.5%減少し、1118歳で2.2%、1980歳では5.5%減少すると予測された。

 QALYについては、10年間に、女性で27,855 QALY95%不確定区間[UI]24,5733873)、男性では23,874 QALY21,19426,369)延長し、合わせて51,729 QALY45,76857,242)の改善が得られると推算された。

 疾患別のQALY改善への影響は、糖尿病が圧倒的に大きく、10年間に女性で89,571例(95UI76,925101,081)、男性で64,979例(55,69873,523)、合計154,550例(132,623174,604)が減少すると予測された。また、10年で大腸がんが5,793例、肝硬変が5,602例、心血管疾患は3,511例減少するが、肺がんと胃がんの患者はわずかに増加した。総医療費は、10年間に28,580万ポンド(33,250万ユーロ、37,350万米ドル、95UI24,970万~31,980万ポンド)削減されると推定された。

 3つの砂糖減量アプローチ(製品組成の変更、1人前分量の削減、販売の重点の転換)のうち、1つで摂取カロリー削減に成功しなかった場合、疾病予防への影響が減衰し、健康上の有益性が容易に失われる可能性が示唆された。

 著者は、「英国政府による砂糖減量計画では、砂糖の量および1人前の分量の削減が、摂食パターンや製品組成に予期せぬ変化をもたらさない限り、肥満および肥満関連疾患の負担の軽減が可能と考えられる」としている。

精製された砂糖の害について昨今、メディア等でもよく話題になっているようです。

人類史の生存をかけた長い年月から比べても、生成された砂糖の出現はごく短い期間において砂糖の精製技術が向上したテクノロジーを獲得したのもあいまって、砂糖の存在は爆発的に伝世界に広がっています。

摂取された糖分を消化、分解して吸収する我々の体の中にある機能にとって過剰な糖分の摂取はどうしても負担になるという事なのでしょうか。

多くの栄養素の中の糖分は体内でブドウ糖にかえられて活用されます。この生成された糖分はどうしても血中の血糖値を過剰に急上昇させてしまい、その過程で多くの病理疾患につながるというメカニズムなどの研究報告は今でも多く挙げられているようです。

急激な血糖値の上昇に我々の身体機能はついていけないというのが現実であるようですので、それに応じた砂糖摂取を楽しむことが重要かもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です