個人差は遺伝子要因

お酒に強い人はアルコール分解処理する酵素がもともと体内に備わっているという事は今では当たり前のように考えられています。

人の体内にある酵素は生まれながら決まっているものであるのは遺伝子学で明らか気なっている今日、病気による薬効というものにも人によって効果は大きく変わるのではないかという観点から、慢性疾患などにおける薬物療法はよくよく注意が必要だと思います。

何万人に 1 人という極めてまれな遺伝子変異による例の一つで、全身麻酔薬によって悪性高熱症という重篤な症状の起きる人がいます。

これは、麻酔をかけると筋肉内のカルシウム濃度が異常に高くなり、筋が硬直して高熱をおこすようですが、これなどは体内にある「リアノジン受容体」というたんぱく質に変異があるようです。

またほかに消化性潰瘍に用いるプロトンポンプ阻害薬を代謝する CYP2C19 という酵素では、代謝の速い人が 80%、遅い人が 20%もいるそうです。

その他にも、抗うつ薬など数多くの薬の代謝にかかわる CYP2D6、抗血栓薬ワルファリンなどを代謝するCYP2C9、抗結核薬イソニアジドなどを代謝する「アセチル基転移酵素」、フルオロウラシル系抗がん剤を代謝する「ジヒドロピリミジン脱水素酵素」などに、代謝の速い人と遅い人がいることがわかっています。

つまりこれはうつ病と診断され投薬療法を行っても、その薬の効き具合には個人差が大きく生じ、人によっては副作用が強く出てうことになりかねないという事。

「子供の個性に合わせた教育を行おう」という教育界のスローガンは広大に掲げられている現代において

「患者の遺伝子の個性に注意しながら治療を行おう!」という風潮にならない現実がある限り

投薬療法による副作用の被害は増えるという可能性は加速すると思われる。

「テーラーメイド治療(オーダーメイド)」の確立を強く切望しています。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

ネットショップなどではこのような「遺伝子検査キット」などもあるようですが、なかなかの高額商品になります。その他にもこのような「キット」は販売されているようです。

以下の商品は参考にしてみてください↓

【店内P最大61倍以上&400pt開催】将来の健康を考えている方に!遺伝子レベルで病気のリスクを調べます 【DHC直販】【送料無料】 DHCの遺伝子検査 元気生活応援キット | dhc ディーエイチシー 遺伝子検査キット 遺伝子検査 遺伝子 健康 dna 検査 キット 検査キット

価格:19,800円
(2019/2/24 14:10時点)
感想(1件)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です