血液検査で脳震盪からの回復期間を予測できる?

アスリートの中には、脳震盪から回復するのに長い時間を要する人がいるが、血液検査でそのような高リスク者を同定できる可能性があると、米ウィスコンシン医科大学のTimothy Meier氏らが「Neurology」7月3日オンライン版に発表した。受傷後に炎症性マーカーが急激に上昇した人では、脳震盪症状の持続期間がより長いことが分かったという。

 この研究は、高校生と大学生のフットボール選手857人のうち、意識消失を伴わない脳震盪を起こした41人と脳震盪を起こしていない43人(対照群)を対象としたもの。シーズン開始時には、全ての選手に血液検査を実施したほか、脳震盪を起こした場合には、受傷から6時間以内、24~48時間後、8日後、15日後および45日後に血液検査を実施した。

 なお、血液検査では、重度の脳損傷に関連する7種類の炎症性バイオマーカー〔インターロイキン(IL)-6、IL-1β、IL-10、腫瘍壊死因子、C反応性蛋白、インターフェロンγ、IL-1受容体アンタゴニスト〕の血清レベルを調べた。

 その結果、脳震盪を起こした選手では、対照群に対してはもちろんのこと、受傷前のベースラインおよび受傷後のいずれの時点と比較しても、受傷から6時間後のIL-6およびIL-1受容体アンタゴニストの血清レベルが有意に高いことが分かった。また、受傷から6時間後のIL-6高値は、症状の持続時間と有意に関連することも明らかになった。

 対象者全体の脳震盪症状の持続期間は平均8.9日であった。受傷から6時間後のIL-6値が高かった17人のうち8人は、受傷から8日後も脳震盪の症状が引き続きみられた。

 Meier氏は「脳震盪症状が長引くアスリートは多く、回復まで時間がかかる人も相当数存在する。このような高リスク者を判定するツールを開発できれば、非常に有益性が高い。この結果は今後の治療にとって重要な第一歩になるだろう」と研究の意義を強調している。

 これらの結果から、Meier氏は「脳震盪症状が長引き、回復に時間を要するアスリートでは、そうでない人に比べて受傷後にIL-6値が著しく上昇することが分かった」と結論。その上で、「今回の研究結果は、脳震盪と炎症の関連について理解を深めるのに役立つだけでなく、新しい治療法の開発につながる可能性がある」と同氏は期待を示している。

[2019年7月3日/HealthDayNews]

格闘技などは脳震盪などを起こす可能性の多い種目だと思われます。試合後に血液検査において脳震盪の度合いを確認できるこの検査方法はこのようなスポーツ選手への恩恵となると思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です