表裏は相関関係の糸で結ばれている?

製薬会社は自社の研究機関で新薬の開発に携わる事もありますが、それ以外に自然界に存在する未知の薬を探すという方法もあるようです。

その場合、まず自然界にある毒物を探し出すことからはじめるようです。

海洋生物であれ、陸上生物や植物などの毒を発見する事こそ、新薬製造の第一歩という事実は、古代の哲学者、パラケススのいう「毒物と薬はその分量で決まる」という思想と一致することは興味深いと思います

「毒にも薬にもならないものは、世の中になんの役にも立たない」という事はよくいわれたりします。

方向性のコントロールのイニシアチブを握るという事が以外に大切な事なのかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です