インフルエンザワクチン。打たない理由とは

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

インフルエンザワクチン接種について良い悪いの賛否両論が多く行われています。

武田邦彦先生は統計学的な立場から考えると、今のところ受けたほうが良いという容認サイドであるようですが、アメリカ大統領のトランプ氏などは「なぜ悪いウイルスを体内に打たなないといけないのか?」という意見により非容認の立場であるよう。

大雑把に分けると以下のような事のようです。

(反対派の意見)

① サイトカインストームによる過剰な副作用による障害(過剰なアレルギー反応)

② インフルエンザワクチン摂取は自己免疫力を弱める。

③ ワクチン接種はその当てはまるであろう形を予測して作られるので当たらない場合の効果が期待できないため

④ インフルエンザワクチンの効果は罹患率によって確認されるようだがその効果には毎年変化するウイルスに対し手の追跡となるために有効性に関する研究は困難であるという公式な見解があるため(ウィキペディア参照)

 

(賛成派の意見)

①統計学の面では副作用患者は多くないため。

②インフルエンザの発症率を減らせると期待しているため。

両論が存在するインフルエンザワクチン摂取だが、反対派のいう摂取した後の反応についてはひとによって個人差があるかもしれないし

とはいっても賛成派の統計はそれが本当に正当なものかどうかも再検証する余地があるかもしれない

とりあえず「ワクチン接種によって体内の反応はどうなるのか?」という一点の研究の深堀りを先に進めてもらえるとありがたいのだが…

※ 「インフルエンザ」については「ウィキペディア」のデータを参照させてもらいました。

以下の書籍は「ワクチン接種」についての参考文献の一つです。よろしければご参考になさってはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です