鉄は熱いうちに打て…

「鉄は熱いうちに打て!」。

「精神が柔軟で吸収する力のある若いうちに物事は鍛えられるべきである」とか「物事は関係者の熱意のあるうちに事を運ぶほうがより効果が上がる」などという意味があるそうです。

人間の脳の中はドーパミンの分泌量に比例して集中力が向上したり低下したりしています。それは脳の中の神経と神経のつながり方を密なものにする効果がある。

何かを新たに学習するということは、人間の脳の中にある神経の絡み合いやつながり合いを強化するということから考えても、「鉄は熱いうちに!」とは「脳内ドーパミンが分泌しているうちに!」と同じ意味ですね。

画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です