電子タバコの使用でインフル感染リスク増

インフルエンザウイルスへの感染を防ぐには、咳やくしゃみをしている人から遠ざかる以外にも、電子タバコの使用をやめた方がよいかもしれない。米ノースカロライナ大学チャペルヒル校環境医学・喘息・肺生物学センターのMeghan Rebuli氏らが実施した小規模研究で、紙巻きタバコや電子タバコを使用する人では、喫煙しない人と比べて免疫反応に変化が生じ、インフルエンザに罹患しやすいことが分かった。特に電子タバコを使用すると、男性よりも女性の方がインフルエンザに罹りやすい可能性があるという。研究結果の詳細は、米国胸部学会(ATS 201951722日、米ダラス)で発表された。

 米疾病対策センター(CDC)によると、電子タバコは、装置内やカートリッジ内の液体(リキッド)を電気加熱して発生した蒸気を吸入するもの。この液体には、ニコチンやフレーバー(香料)、その他の化学物質が含まれるが、一般に従来のタバコよりも安全だと考えられている。また、電子タバコは禁煙に役立つとされるが、健康への影響については明らかになっていないという。

 これまでの研究で、紙巻きタバコを吸うとインフルエンザウイルスへの感染リスクが増加することが分かっていた。Rebuli氏らは、電子タバコでも同様に、免疫反応に有害な影響がもたらされるのではと考え、今回の研究を実施したという。

 この研究は、電子タバコを使用する14人と紙巻きタバコを吸う喫煙者13人、非喫煙者20人の計47人の男女を対象としたもの。参加者は全体的にやや過体重で、年齢は20歳代半ばから後半だったが、電子タバコの使用者の平均年齢は23歳と比較的若かった。また、電子タバコの使用者の多くは元喫煙者だったが、今回は1年以上前に禁煙していた者を対象とした。なお、電子タバコの使用期間は30日以上で、118回以上使用していることを条件としたが、いずれも上回る参加者が多かった。

 参加者は、全員が鼻腔内でのみ増殖する「弱毒生インフルエンザウイルス」を接種した。研究では、接種前後の肺胞上皮粘液や鼻洗浄液、血液を採取し、鼻粘膜生検を行って、ウイルスに対する免疫系の反応について調べた。

 その結果、ウイルスに対する免疫反応には、非喫煙者と電子タバコの使用者および喫煙者の間で違いが見られた。しかし、免疫機能に必要な一部の遺伝子やタンパク質の発現は、非喫煙者に比べて電子タバコの使用者では低下していたのに対し、喫煙者ではそのような低下は見られなかった。さらに、特に女性の電子タバコの使用者で、免疫機能の低下が示唆されたという。

 Reuli氏は「電子タバコの使用者で認められたウイルスに対する免疫反応の調節不全は、感染症やワクチンに対する感受性を高める可能性がある」とし、「今回の結果は、電子タバコを使用すると、特に女性で感染症のリスクが高まる可能性を示唆している」と述べている。

 しかし、この研究では電子タバコの使用で免疫反応が変化する機序については明らかになっていない。また、電子タバコを使用する人がインフルエンザにかかると重症度がより高まるかどうかも調べていないが、Reuli氏によれば、その可能性はあるという。

 この研究には関与していない米ノーザン・ウェストチェスター病院のRichard Stumacher氏は「この研究は、電子タバコの健康への影響について理解を深める上で大きな一歩だ」と述べ、「電子タバコが感染症と闘う免疫系の働きに直接影響するというエビデンスが得られたことは重要だ」と付け加えている。なお、学会発表された研究結果は、査読のある医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

[2019520/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved





コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です