電子タバコ、健康への懸念

電子タバコを吸う人の尿から

  1. ベンゼンWHOの下部機関IARCより発がん性があるという勧告がある)

  2. エチレンオキシ(動物実験での発がん性は認められているが人での発がん性については現在は確認されていない)

  3. アクリロニトリル(肺がんとの関係性があるという研究と関係性はないという研究の両極の研究が存在する)

  4. アクロレイン(アメリカ合衆国環境保護庁より発がん性があるかもしれないといわれている物質)

  5. アクリルアミドFAOWHO合同食品添加物専門家会議で、発がん性や神経への影響のある物質とされています)

5種類の発がん物質が検出されたようです!

(海月な考察より)

20181月にアメリカ食品医薬品局が電子タバコの安全性について、ある電子タバコ販売会社に改善を求めるという話題もありました。

詳細は明らかにされていませんが、政府からの要請なので心臓病への悪影響は否めないかもしれません。

このように電子タバコの毒性についての懸念が少しづつ多くなってきているようです。

今は少しづつ明らかになっている電子タバコの害についての中心的な話は電子タバコから発せられる毒性についての研究ですが

ニコチンをダイレクトに吸引する事による脳内神経伝達系にかかわるホルモンへの影響や、シナプス細胞の可塑的変性などという神経系に対しての影響等などの研究開示にも期待しています。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です