認知症は困った疾患

この世の中でもっとも人に大きく迷惑をかけてしまうという悲しい病気の中に「認知症」が挙げられると思います。

人の名前を覚えられなかったり、自分が何をしているのかを認識できなかったりという記憶障害のひとつで、認知症患者が1人いると、1人の介護者がいなければならないということがおきるため、1人の認知症患者の存在は、日本人1人の労働力の減少につながるという問題になりかねません。

あるデータでは2025年には10人に1人が認知症になるのではないかとも言われているため、この統計予想が当たってしまうと日本の労働人口の10分の1が失われてしまうということになります。

認知症の6割は「アルツハイマー病」にかかわってるといわれているので、認知症患者を増やさないためにはこのアルツハイマー病にならないための工夫が必須になってくるとおもいます

アルツハイマー病の有力な説としては、アミロイドβが脳内神経に蓄積(プラーク)する事によって神経伝達能力が下がるといわれています。つまりアミロイドβが体内に増えた結果、有害な神経障害を引き起こすとなればこのアミロイドβを増やさないようにすればアルツハイマー病の予防になると考えられます。

このアミロイドβの増加に深くかかわっているのが「インスリン」の過剰分泌です。

インスリンの過剰分泌による異常で引き起こされる病態の代表はなんといっても糖尿病です

  1. 糖尿病Ⅰ型 遺伝子異常で生まれつき体内にインスリンが生成されないために、血中の血糖値が上昇する疾患

  2. 糖尿病Ⅱ型 過剰な糖質摂取によってインスリン分泌の減少(インスリン抵抗性)がおきて血糖値が持続的に上昇する結果で様々な健康障害がおきる

  3. 糖尿病Ⅲ型 使い終わったインスリンは「インスリン分解酵素」によって排除される。そしてこの「インスリン分解酵素」は同時に身体に不必要なアミロイドβも分解してくれる。しかし体内に過剰なインスリンが分泌されるとこの「インスリン分解酵素」はインスリンを分解するのに手一杯になり、アミロイドβ分解まで手が回らないという状態になった結果、体内のアミロイドβが増加してそれが脳神経の障害につながるという説。

つまり体内に過剰なインスリンが分泌する状態を長く続ける事で、結果的にアルツハイマー病になるリスクを増やしてしまうということ。

そうなると糖尿病患者(Ⅱ型)はアルツハイマー病になりやすいという危険性が増えまます。。

神経組織の蓄積したアミロイドβ自体それをとり除くという方法が今のところ存在しないというのが難点。

つまり認知症の治療においてアミロイドβを体内に増やさないという予防が今のところこの病態の一番の治療となります。

予防法

  1. 糖質制限という食事に注意(過剰な糖質を制限して体内のインスリン量に気おつける)

  2. 良質な睡眠です。脳が睡眠中に悪質な老廃物を排泄してくれるという機能があるためです

  3. 適切な運動です。運動によって脳内老廃物を分解する酵素が活性化するので適度なエクササイズを続ける事は大切です。

認知症は予防が一番の治療となるようです重要のようです。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

(治療プラン)

すい臓機能に関係する下部胸椎~上部腰椎の脊柱分節間に自律神経の変調をきたすズレを検知する事があればそこの矯正を行う。

筋痛症は体内炎症が原因か?

慢性病に指定される線維筋痛症ですが、その原因が「食物アレルギー」によるものではないかと考え、医療機関で行われている食物アレルギー検査から導かれたアレルゲン(アレルギーを引き起こしている食品)とい特定してその食物制限を行った結果、症状が劇的に改善されたという事例があります。

よく聞く食品アレルギーとしては「グルテン」とか「カゼイン」などです。

困った事にこれらは小麦とか乳製品といった私たちの一般的な食事に含まれている物質です。

①グルテン→パン、めん、パスタやスパゲッティー類

②カゼイン→牛乳やチーズ、バターなど

多くの慢性病の原因は、体内の「慢性炎症」が原因ではないかという説があります。この状態になるとは、体内の組織の中が常に「火事」を引き起こしている状態になり結果的に多くの慢性病を引き起こしてしまうという考え方

火事にたとえられている体内の炎症ですが、この炎症が起きるという事とは当然ですが、炎症の起きる原因というものがあります。

食品アレルギーの方の症例を上げると、コーン、バターやチーズ、牛乳、パスタなどのめん類、大豆、甲殻類、青物の魚、ナッツ類などという一般的な食品を食べることによって体が不必要な炎症を起こしてしまう人がいるとのこと

人の体を病原体から守る役割を担う免疫という力が、人によってはその特定の食品に含まれている物質を異物であると認識してしまって、免疫反応という「炎症」をおこしてしまう事によるのが食物アレルギーのメカニズムになるのだが(IgAIgG抗体を持つ人に起こる)

食物アレルギーのある人は、常日頃口にしている食品を通じて、体の中の火事の状態(不必要な免疫反応による炎症)に自分で知らず知らずのうちに薪をくべてしまっているという悪いサイクルを作り出しているともいえる。

もちろんこのような慢性炎症は腸内環境にも飛び火します。

腸内には体内の約90%セロトニンが腸管神経にみられるという事を考えてみても、食品アレルギーによる炎症状態が腸管で起きると、

人の精神状態のバランスに重要なセロトニンというホルモンにも悪影響を及ぼされる結果

人によってはうつ病やパニック障害などの精神疾患になりかねないとも考えられる。

腸の悪影響は直接精神に悪影響を与えるという事には注意すべきでしょう。

(食品アレルギーの対処法)

① 食品アレルギーの検査。

② その食品の制限。

一番最初に上げた線維筋痛症の患者さんのとった治療法とは

「食品アレルギーを引き起こすアレルゲンの制限」と「体内インスリンの過剰な分泌を抑えるための糖質制限」という二本柱を行った結果その症状は劇的に改善されたとの事です。

原因不明の症状にこのような食品アレルギーがかかわっていることもありますので、症状でお困りの方は一度食品アレルギー検査をしてみるのも一つの方法だと思います。

高額になりますが、食品アレルギーを特定する方法の一つで以下のようなキッドで行うという方法などもあるようです。参考になるかもしれませんので張り付けておきます。

IgG 食物過敏症セミパネル(120項目)(1セット)【アンブロシア】

価格:31,752円
(2019/3/10 13:00時点)
感想(2件)

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

(治療法)

① 過剰な炎症状態をひきおこすという事から、身体のリンパ球の過剰な働きがある可能性がある。リンパ球の働きは副交感神経の過剰な働きに関係する免疫システムという観点から、脊柱の副交感神経領域での悪性のズレが検出されるのなら、その場所のアジャストメント

② 腸内環境にかかわる上部腰椎や下部胸椎に不均衡があれば、その場所のアジャストメント

③ 腸内環境の不均衡に腸リンパマニプレーション

④ 食品アレルギーを特定させて、しかるべき食品アレルゲンの制限を進める。

おそらく上記のような治療内容になると思われる。

 

 

デトックス効果!。少しばかり深堀り

先進国において化学物質という毒素を食するリスクが多いという研究があります。

避けようとしても農薬やたばこや化学製品はこの便利な社会においてそれ自体が社会環境に深くまん延してしまっているので、その毒素が体に入ってきやすいというのが現状です。

2009年CDC(アメリカ疾病管理予防センター)の研究においてアメリカ人の体内に212種類の化学物質が検出されたという事例もあるよう。

このような毒素が体に入ってくると、慢性疲労や過剰なアレルギー症状などを引き起こすという悪影響で苦しんでしまうという結果になりかねない。

 日常生活において避けがたい環境にまん延する毒素の健康被害のリスクを減らすために必要な事は、体内に入り込んだ毒素をいかに排泄するか

その排泄の力の中心になる肝臓腎臓の働きををいかに向上させるかという事は重要であると思います。

(デトックスは2種類に分けられる)

①重金属のような油に溶けにくい物は「肝臓」で処理される

②水に溶けやすい毒素類は「腎臓」で」処理される

肝臓の働きを大まかに表すとしたらそれは、油に溶けている毒物(重金属等)を水に溶ける毒物に作りかえることで、腎臓による尿や大腸機能の便として体外に排泄するという事といえるでしょう。

肝臓のデトックスの働きを考えてみると、以下の理由でごみ焼却場のごみ処理と同様と似ていると思われます↓

(ごみ処理場のサイクル)

  1. ごみを焼却する
  2. 焼却した灰を取り除く
  3. 灰を取り除いた焼却炉で新たなごみを焼却する

(肝臓のデトックス)

  1. 毒物を燃焼させる(酵素の働き)
  2. 毒物を燃焼させた結果の水溶性の無毒化されたものに変える
  3. それを腎臓などで排泄する。

肝臓の中の正常なデトックスは、その「毒物を燃焼させるスピード」とそれによって生成された「水溶性物質が排泄されるスピード」は常にバランスよく行わなければならない。

それはごみ処理場などでごみを燃やすスピードと燃えカスを処理するスピードとが一律であって初めて、次のごみを正常に処理できるという事と同じである。

しかしアルコールや多すぎる毒素やカフェインなどは肝臓において毒物を燃焼させるスピードを異常に加速させる原因となるようだ。

デトックスのために燃焼が異常に加速した肝臓というものは、水溶性の排泄物が肝臓にたまってしまうためにそこで活性酸素などが生じ、有害な影響を作り出すことなる。

それはまるで、燃えカスが残ったままでごみを焼却させるが、それは不完全燃焼状態を作り出したりして、ごみ処理がうまくいっていないごみ焼却場のような惨事のようである 。

このような肝臓の燃焼のスピードと排泄のスピードをバランスをうまくとってくれるのがアブラナ科の野菜です。

アブラナ科の野菜(ケール、ブロッコリー、キャベツ、レモン、ガーリック、ショウガ、小松菜など)をとることによって肝臓の毒素を燃焼させ、排泄するスピードのバランスが調整される事で効率的なデトックス効果を作り出します。

このように肝臓に良いとされる野菜とは、肝臓の中の燃焼を生み出す「酵素」の働きをバランスよくするという働きであるという事を念頭において、デトックスを意識した野菜類を食することはベストな事だと思います。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

(治療プラン)

① 肝臓と腎臓を支配する脊柱からの自律神経領域である中部胸椎から上部腰椎に自律神経の不均衡を及ぼすズレが検出される場合はその場所のアジャストメント

② 肝臓機能を高めてくれる食品の摂取を促す。

③ 適度なエクササイズ

この3つに注意してプランを行うことになると思われる。

レモン水はどうですか

YouTubeで「レモン水は体に良い」という動画があったので、これは手軽にできる健康法かもと思い立ちもう少し詳しく調べてみることにしました。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

上記をまとめると

  1. 消化機能に良いペクチンを含んでいるために整腸作用がある
  2. レモンに含まれるミネラル補給によっての健康効果
  3. 抗酸化作用成分が含まれるためにそれらの減少による疾患の予防になる
  4. 肝臓機能を高めてくれる
  5. 酸性に傾いている体内の状態を健康なアルカリ性にもどしてそれに伴う疾患(痛風、リウマチなど)の改善が期待される
  6. 体の新陳代謝を向上させる

と述べられていますが、以下はこれにたいしてのアンチ説

  1. レモン水に含まれるペクチンは少量であるために整腸作用に大きく貢献するとは考えにくい
  2. 食べもののpHは直接身体のpHには関係ない。
  3. 普通の水とレモン水を比べてデトックス効果には差がないという研究があるために、レモン水が肝機能を高めてデトックス効果を促進するとは限らない。
  4. 新陳代謝というものは体内の熱生成を向上させるということのようですが、レモンにそのような効能はない(カイエンペーパーのような食品に限っては熱生成を向上させるために、新陳代謝を苦情させるという食品である)
  5. レモンに含まれるミネラル含有量は思ったより少量である。

「レモン水は体に良い」という話は巷受けしているようですが、研究者の目から見ると意外に手厳しく指摘されているようです。

胃液が薄いと、よくない事が起きるかも

いつも胃酸過多による不快感があるために胃薬を服用している人は食中毒になるというリスクが増えるので要注意でしょう。

胃酸過多の症状で普段から胃薬を服用すると先ずその薬効によって胃酸の分泌が減少する事になります。我々が食べものを飲食する場合、それと一緒に体にとって有害な菌なども入ってくる場合があります

通常は胃酸の効果で食べものは分解され、有害な菌は死滅しますが、普段から胃酸を抑える薬を服用するという事は胃酸が少なくなっているために、死滅しない菌が体の奥深くに侵入するのを許してしまうという事になりかねません(胃酸に強い菌などは例外です)

 小腸などには菌は極めて少なく存在しているのが普通だが、胃酸の関所を乗り越えた菌が存在する場合、腸内環境を著しく乱すという事になりかねません。

腸内環境が乱されると

① 小腸での栄養の吸収する力が減る

② 下痢や便秘を引き起こしてその菌を体外に排泄する働きが増加するが、そのことにより健康な腸内環境が乱れる

③ 腸内環境は免疫力をつかさどるので体の抵抗力が衰えることによる様々な病気になりやすい体質になる。

④ 腸内には体の約9割の「セロトニン」が存在するために、胃腸の不調に伴い精神活動の不均衡になりかねない。

などの悪影響を引き起こしかねないと

慢性的な胃腸の不調などに対して、安易に胃腸薬で対応するという事には慎重になるのが得策だと思います。

意外に大切な胃の働きに注目!

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします

(治療プラン)

① 胃の不調は胃酸が多いか少ないかという2種類に分別してその症状に沿った矯正場所を選択する(食事直後の不調には副交感領域。食後30分後の不調には交感神経領域)

② 胃の不調によって腸の不調があれば腸神経を支配する自律神経領域をチェックし、必要ならばアジャストメント

③ 胃腸のマニプレーションなど

④ 胃腸薬の服用を見直すことの勧め

自律神経のどの領域の不調かという事を注意深く観察することが重要です。

大切なもの、コレステロール

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

「コレステロールは低いほうがよい!」というお題目を巷のメディアなどはよく口にしていますが、その内容は個々人がよくよく吟味してその情報に接したほうがよいと私は思っています。なぜならばコレステロールを詳しく調べてみるとそれは体を構成している各部品の大切な材料であるという事実があるからです。

  1. コレステロールは体内で約8割は作られる

  2. 体内で余ったコレステロールは肝臓に戻されて再利用される(これがいわゆる悪玉コレステロールという汚名を着せられているもの)

  3. 体に絶対必要なコレステロールの量は必ず一定値(約190220)になるようにもともと設定されている

たとえば80%を体内合成で、20%を食事から摂取してコレステロール値が230とすると、この場合医療機関からは必ず「コレステロール値が基準値より高いのでコレステロールの多い肉や卵の摂取は控えてください」という指導が入ると思います。

それでは実際コレステロールの多い肉や卵をこの患者が控えた結果どうなるかというと

食事制限やコレステロール阻害剤の服用でその値を10%にしても、結局体内合成率が90%の上昇して、結果的にコレステロール値230になるというジレンマが起こる。

体内のコレステロール値は必ずその一定量をキープするという恒常性がそうさせるのだが、それはそのほうが体にとって都合がよいからだ。

こうなるとおそらく一般的な医療機関側は「コレステロール値が下がらないのでもっと食事制限をしてください」という指導とともに、コレステロール合成をもっと抑えるような投薬を処方するという方法をとると思います。

これはどうなのでしょうか?

 

 

確かに多すぎる分子形状の小さいコレステロールは血管壁にこびりつき、血栓症を起こすリスクがあるのでそれを減らすという効能はこのコレステロール阻害剤にはあるとは思いますが

悪いコレステロール値も下げるが一緒に、体内に必須のコレステロールまで減らしてしまうというジレンマを起こす事になりかねない。

そのように考えると、一般的に高コレステロールの治療薬としてのコレステロールの体内合成制御剤の服用などには慎重になったほうが得策かと思います。

 

コレステロールの大部分は肝臓で生成されます。以下はその肝臓機能を高めてくれる効能のある物質で話題の「ショーガオール」を多く含むという乾燥生姜パウダーです。

この成分は「(国立研究開発法人)科学技術研究機構」などの論文などでも高い評価を得ている成分ですので

自分でつくるのもいいし市販されているのを試してみるのもよいと思いますので参考にしてみてください。↓

ジンジャーパウダー300g ショウガオール 蒸し生姜 しょうがパウダー 粉末 ぽかぽかサポートにジンジャーパワー!無添加 無着色【ポスト投函】

価格:1,224円
(2019/2/28 16:16時点)
感想(2件)

中身は外に現れる

人間でいうなら、土の状態をつくりあげるのはなんていっても「食べ物」!。

食べたものは、体の自律的システムによって一つ一つオーダーメイド化され、自分の体の一部になり絶妙に活用されるようになる。

部材の古いパーツで造り上げた建物は、よい部材で作られた建物に比べると、壊れやすいもの。

この建物の法則はそっくりそのまま、人間の健康維持の方程式に当てはまる事だと思う。

以下の著者である福岡伸一さんの代表作である「動的平衡」という書籍はこれを明確に説明されていると思いますので、ご興味のある方は一見されてはいかがでしょうか。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

以下の書籍などは参考の一つにでもしてみてください。


動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

複雑系とネットワーク

人間の体の中にある消化吸収の働きはいわゆる複雑系によってその機能を果たしているという現実を考えると

サプリメントでの栄養補給はその対岸にあると考えられ、それは限りなく単体栄養素の摂取という事を示していることと考えられ

それは体を構成している各機能としての消化吸収や神経系の機能等が複雑系であるという事実からを考えてみて、人の消化吸収という観点から見たときに

複雑な栄養素の絡んだ我々一般人が食しているもののほうが、サプリメントのような単体の微量元素を摂取する事より優れているのではないかと?

緊急時の疾患における一時的対処方法としての単体での微量元素投与などは必要なものだとは思いますが、長期間において摂取するのであれば、もともとが複雑系の人間であるのでその食するものも複雑系的なもののほうが、

消化吸収および食事を楽しむという観点から考えてもそちらのほうがメリットが大きそうな気がします。

ビタミンCを体内に取り込みたいときを考えてみたときに、ビタミンCのサプリメントよりは

ビタミンC、カリウム、マグネシウム、その他のミネラルなどが複雑に含まれているような複雑系としてのトマトやミカンなどを食べた方が、もともと複雑系による消化吸収をもつ人間にとって都合が良いのではと個人的に思っています。

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

サプリメント製品は今ではあふれんばかり存在しているために、何が良いのかを選択することが難しくなっています。

とりあえず以下のサプリメントは私が個人的に試したことがあって、体調改善に良い効果がでた製品の一つです。

栄養補助食品をお探しの方は、参考の一つにしてみてはいかがでしょうか?↓

 

即納!「正規品販売店」送料無料!NEW!【バイオザイム100粒】期間限定♪3個セット みどりむし サプリメント ミドリムシ BIO ZYME バイオザイム(ユーグレナ)3個セット

価格:7,750円
(2019/2/24 13:44時点)
感想(68件)

眠気には勝てない。甘い誘惑には危険が

富山県にある「ライフケア技研」という会社が開発した手のひらに貼るだけで自分の眠気の度合いを測定できるという画期的な商品です。

手のひらの汗の状態から、自分の自律神経が交感神経に傾いているのか(起きている状態)、副交感神経に傾いているのか(眠気のある状態)を計測するというパッチとのこと。

この商品は、2019年の1月に行われた東京ビックサイドでおこなわれた「健康博覧会」にも出展されたとのこと。

運転業務に携わる人や、長距離の運転時の居眠り運転による事故防止に役に立つ良い商品だと思います。

(以下はライフケア技研株式会社のリンクです。)

http://lifecare-giken.co.jp/news/2019/01/post-71.html

以下の商品は参考の一つにでもしてください↓

ライフケア技研 安眠チェッカー 7枚入

価格:1,080円
(2019/2/24 13:47時点)
感想(0件)

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

脊損は治る?再生医療に期待。(札幌医科大とニプロ)

動画をご覧の際にはパケットが発生しますので、モバイルでの閲覧時にはWi-Fi環境下での視聴をおすすめいたします。

「札幌医科大と医療器具大手「ニプロ」(大阪市)が共同開発した脊髄損傷に対する治療用の幹細胞「ステミラック」が、厚生労働省から製造販売の条件付き承認を受けた。

脊髄損傷に対する細胞医療として初の実用化になり、今春から治療を開始する見込み。

最大7年間の期限でリハビリのみの患者と回復を比較し、有効性が示されれば販売を継続できる。札医大の本望修教授は「慢性期の患者に対しても研究を継続したい。一人でも多くの患者を救いたい」と話した。

けがから31日以内の重症患者が対象。骨髄液を採取し、間葉系幹細胞を取り出して増殖させ、静脈に注射する。幹細胞が損傷した神経の再生を促し、知覚や運動機能が回復。

リハビリ以外の有効な治療手段となることが期待されている。同様の治療で、脳梗塞やパーキンソン病などの神経疾患でも症状の改善が見込めるという。」

上記のような素晴らしい研究が進められているようです。多くの脊椎損傷患者の朗報に結びついてくれることを望みます。