「グーグル先生」は希少疾患の診断に役立つのか?

「グーグル先生」は希少疾患の診断の一助となるようだ。患者がインターネットで検索して見つけた希少疾患の専門医を直接受診しても、医師からの紹介を介して受診した場合と診断される確率は変わらないことが、米ウェイク・フォレスト大学腎臓病学教授のAnthony Bleyer氏らの研究から明らかになった。同大学の常染色体優性尿細管間質性腎疾患(ADTKD)と呼ばれる遺伝性希少疾患の専門施設に紹介された665症例を分析した研究結果は、「Genetics in Medicine724日オンライン版に掲載された。

 ADTKDは腎臓の機能が徐々に低下し、最終的には腎不全に至る疾患だ。最終的にこの希少疾患と診断された米国人のある女性は長年、何人もの医師から「原因不明」とされていた。「私の2人の兄弟や母親をはじめ、いとこ、はとこ、叔父、2人の大叔父は皆、腎臓病を患っていた。しかし、病名が診断されたことはなかった」と女性は振り返る。

 女性によると、ADTKDと診断がつく前に診察を受けた医師のうち2名の腎臓専門医はADTKDの症状については知らず、別の医師からは誤診に基づいた治療がなされ、「もう心配する必要はない」と助言されていた。しかし、彼女はその医師の助言に従わなかった。兄弟が「痛風」「腎臓病」をキーワードに、オンライン検索で見つけた同大学医療センターの専門医を受診し、やっとADTKDの確定診断を受けることができたという。

 この女性の例が示すように、希少疾患の診断には困難が伴う。プライマリケア医だけでなく、専門医でさえ診断を下すのは難しいケースがある。患者の多くは、未診断や誤診されたまま年月が過ぎていくこともあり得る。

 Bleyer氏らは今回、同大学のADTKDを専門とする研究施設に、1996年から2017年の間に紹介された665症例を対象に分析した。その結果、症例の40%は大学病院の医師から、33%は大学病院以外の施設の医師からの紹介例だったが、残る27%は患者やその家族が直接受診したケースだった。最終的には、これら紹介例の約4分の1ADTKDと確定診断されたが、診断率は医師からの紹介例と直接受診例で差はみられなかったという。

 Bleyer氏によると、一般的に希少疾患は有病率が20万人中1人未満の疾患と定義されている。希少疾患それぞれの患者数はごくわずかだが、米国では計2500万人もの患者がいると推定されている。

 この研究には関与していない、全米希少疾患患者協議会(NORD)のシニアアドバイザーであるMary Dunkle氏は「希少疾患の診断が遅れるのには、さまざまな理由がある」と話す。同氏は「希少疾患の中には、ありふれた疾患に似たものがある一方で、複雑で複数の器官に関与するものも少なくない」と説明。「7,000以上の希少疾患があることを考えると、地域の医師が全ての疾患に精通することを期待するのは現実的ではない」と同氏は述べている。

 一方、Bleyer氏は「インターネット検索は必ずしも生産的とはいえないが、希少疾患に苦しむ人を専門医につなげる道筋を示すことはあるようだ」と話している。ただし、同氏は「患者は医師の手助けなく自己診断すべきではなく、ましてや自分で治療することはあってはならない」と強調する。Dunkle氏もこれに同意し、「患者や介護者はオンラインで入手した情報には常に注意すべきだ」とし、米国立衛生研究所(NIH)や教育病院、医師が監修した患者団体のサイトなど信頼性の高い情報のみを参考にするよう呼び掛けている。

[2019819/HealthDayNews]

6時間睡眠に忍び寄る睡眠負債

日本人の睡眠時間は世界でダントツ短い。厚生労働省の『平成27年 国民健康・栄養調査』によると、睡眠時間6時間未満の人がわずか8年で11%も増加し、全体の4割を占めている。睡眠不足が日常的に継続した暁には、健康被害はおろか経済損失としても影響がでるという。

 201992日、働くひとの眠り方改革「Biz×Sleep」プロジェクト始動に先駆けたオープニングイベントが開催され、枝川 義邦氏(早稲田大学リサーチイノベーションセンター 研究戦略部門教授)が「『働き方改革』成功の鍵は“眠り方改革”!」について講演、問題解決の糸口について語った。トークセッションでは、お笑い芸人TKO(木本 武宏氏、木下 隆行氏)が、眠りの悩みについて打ち明けた。

6時間寝ていても油断は禁物

 枝川氏はまず日本と世界の睡眠状況を示すために、OECD(経済協力開発機構)加盟国の平均睡眠時間のグラフを提示し、「日本の平均的な睡眠時間は7時間22分で、加盟国で最も短い(OECDの平均は8時間25分)。ただし、この統計は15歳以上の睡眠時間を算出しているので、10代の睡眠が十分とれている者が含まれている」と述べた。

 睡眠不足が積み重なった状態を『睡眠負債』というが、同氏は、「気づかないくらいわずかな睡眠不足でも、蓄積すると大きな影響を及ぼす可能性がある」とし、「実は、6時間未満で熟眠感を得ている人でも睡眠負債の可能性がある。睡眠不足が日常的な習慣になっている可能性もあり、自覚がないことも特徴」と警鐘を鳴らした。この現象は2003年に発表された論文1)で明らかとなり、2週間分の負債が蓄積することによるパフォーマンスの低下は、徹夜による負債に匹敵することが示された。

睡眠削減・労働時間多い=仕事がデキるの発想は時代遅れ!?

 睡眠負債を抱えた人が働きに出れば、仕事効率に影響を及ぼしパフォーマンス低下は避けられない。2018年度『企業の睡眠負債』実態調査によると、仕事中に眠気を感じているのは8割近く、うち2割は毎日眠気を感じていた。回答者の6割近くが生産性への影響を訴えたという。

 この“出勤しているにもかかわらず従業員のパフォーマンスが上がらない“残念な状態は、プレゼンティーイズムと呼ばれ、従業員の健康関連コストの8割弱を占める。同氏は「睡眠不足が原因の場合、1人あたり約3.4万円/年もの損失を職場に与えてしまう。以前は睡眠時間を削ってでも夜遅くまで働くことがカッコいいとされ、長時間労働を自負していた。しかし、今は規則正しい生活を行う人こそが素敵」とし、「睡眠負債は個人の問題ではなく、会社全体の問題として捉えることが重要」と強調した。

遅寝遅起きでも◯、睡眠リズムとコーヒーナップが大切

 睡眠不足にならない生活習慣を心がけることが一番だが、睡眠不足が避けられない場合もある。そのような時に、同氏は「コーヒーナップがお薦め」だという。コーヒーに含まれるカフェインの効果は摂取後2030分後に効果を発揮する。また、人間の脳の活動は起きてから約12時間後に低下傾向に陥ることから、「(脳の活動が低下する前)昼食時にコーヒーを飲んで仮眠をとると、カフェインの効果で目が覚めやすく、午後の仕事が効率的にできる」と、それぞれのメカニズムを上手く利用した睡眠負債の対処法を推奨し、「まとまった睡眠時間が取れない人も、仕事中に眠気が襲ってきたときに1015分の昼寝を取り入れることで、脳がスッキリして業務効率も上がる」とも述べた。

 TKOとのトークセッションにおいて、木下氏は「不規則な生活が続いてしまう」と、悩みを吐露。それに対し枝川氏は、「睡眠はリズムが大切。前半と後半で役割が違うので、なるべくまとまった時間を睡眠にあてることが望ましい。短い睡眠時間を足し算するのは、最後の手段にしてほしい」とアドバイスした。

ベッドサイドのスマホ充電器で感電事故、米症例報告

ベッドにスマートフォン(スマホ)を持ち込むのは、睡眠の妨げになる以外にも、身体に害になる危険性をはらんでいるようだ。米ミシガン大学C.S. Mott小児病院のCarissa Bunke氏らは、ベッドサイドで使用するスマホ用の充電器に関連した感電ややけど(熱傷)の症例について、「Annals of Emergency Medicine717日オンライン版で報告した。近年、スマホ用充電器と身につけたネックレスなどの貴金属が接触し、就寝中に感電ややけどを負う事故が増えているという。

 Bunke氏らのチームは、19歳の米国女性の事例を報告。女性は、就寝中に首に痛みと大やけどを負い、救急外来に搬送された。女性は、ベッドでiPhone用のUSB充電ケーブルを下じきにして寝てしまったのだという。

 女性は、純正品ではない安価な充電器を使用していた。事故当時、充電ケーブルはスマホにはつながれていなかったが、プラグはコンセントに挿したままの状態だった。ケーブルの先端が、女性が身につけていた金属製のネックレスに接触したことが原因で感電し、激しい痛みとともに首の周りにほぼ円形の重度のやけどを負ってしまったという。

 Bunke氏によれば、スマホ用の充電器による感電ややけどの症例のほとんどは軽症で、皮膚の表面をわずかに損傷するにとどまる。しかし、表皮の下の真皮にまで達するII度熱傷で、皮膚移植などの処置を必要とする場合もあるという。なお、今回の事例では、患者は痛み止めのモルヒネと感染予防のための抗菌薬を処方され、その日のうちに退院できた。

 Bunke氏は、充電器による感電リスクには、「ベッド周りの充電器の置き場所だけでなく、その種類も重要だ」と強調する。今回の事例で使用された非純正の充電器は安全性に問題があることが多く、純正品と同じような安全性や品質が確保されていないことも明らかになってきているという。

 一方で、純正品であっても充電器に問題が生じる可能性もあるようだ。Bunke氏らが報告した若い男性の事例では、男性は純正のiPhoneの充電器を使用していたが、装着していた金属製のチェーンがケーブルの先端に接触した後、感電したショックでベッドから投げ出されたという。

 携帯電話用の充電器では、出力側の電圧はそれほど高くないとされる。しかし、Bunke氏らのチームによれば、電圧はそれほど重要ではなく、「弱電圧のデバイスでも、電流が強ければ電気ショックをもたらす可能性がある」と指摘する。この問題の解決策として、同氏は「ベッドにスマホを持ち込まないこと。そして、スマホを充電しない時は、充電器をコンセントから抜くこと」としている。

 専門家の一人で、米国救急医学会のスポークスパーソンを務めるLeigh Vinocur氏は、「私自身も、目覚まし時計にするためiPhoneをベッドサイドに置き、外出時には充電器をコンセントに挿したままにしていた。さらに、非純正の充電ケーブルを使っていた」と話す。しかし、今回の研究結果を受けて、「この問題にもっと注意を払わなければならない」と思い直し、純正の充電器を探し、電源ケーブルに問題がないかを確認するようにしているほか、ベッドにはスマホを持ち込まず、外出時にはプラグをコンセントから抜くように心掛けているとしている。

[2019729/HealthDayNews]

高齢者の貧血が認知症リスクの上昇に関連か

たとえ軽度でも、貧血があるとアルツハイマー病などの認知症を発症するリスクが上昇することが、エラスムス医療センター(オランダ)のArfan Ikram氏らの研究で示唆された。貧血は血中ヘモグロビン値が低い状態で起こるが、この研究では血中ヘモグロビン値が高い場合でも認知症リスクが上昇することが示されたという。詳細は「Neurology731日オンライン版に発表された。

 今回の研究は、平均年齢が65歳の男女12,000人超を対象に実施された。研究開始時には対象者に認知症はなかったが、6%に貧血が認められた。平均で12年間にわたり対象者の健康状態を追跡したところ、1,520人が認知症を発症していた。このうち1,194人はアルツハイマー病だった。この研究で因果関係は証明されないものの、解析の結果、貧血のある人は、貧血のない人と比べてアルツハイマー病の発症リスクが41%高く、アルツハイマー病を含む全ての認知症の発症リスクも34%高いことが分かった。

 さらに、血中ヘモグロビン値が高い人でも認知症を発症するリスクの上昇が認められ、血中ヘモグロビン値が最も高い群では、中程度の群と比べて20%のリスク上昇が認められた。血中ヘモグロビン値が最も低い群では、中程度の群と比べて認知症リスクが29%高かった。

 これらの結果を受けIkram氏は、「65歳以上人口における貧血の有病率は、米国や欧州では約10%、アフリカや東南アジアでは最大45%と推定されている。このことを考慮すると、今回の研究結果は認知症の問題を考える上で重要な意味を持つと考えられる」と話している。

 ただ、ヘモグロビン値が認知症リスクに影響を及ぼす理由については、今のところ不明だという。「ヘモグロビン値が認知症リスクを上昇させる直接の要因となっているのか、あるいはヘモグロビン値と認知症リスクとの関連には血管や代謝面の変化など別の問題が関与しているのか、今後さらなる研究を行って明らかにする必要がある」とIkram氏は説明している。

 今回の報告を受け、米レノックス・ヒル病院のSatjit Bhusri氏は、脳に酸素を運ぶヘモグロビンの働きが研究結果を解釈する上で鍵になる可能性を指摘。「酸素が急速に、あるいは徐々に失われると、認知機能が低下し、認知症を発症する。一方、なんらかの疾患があると、その反応としてヘモグロビン値が上昇して血液の濃度が高まり、脳への血流が悪化する」と説明している。

 また、米ノースウェル・ヘルス傘下のサンドラ・アトラス・ベイス心臓病院のGuy Mintz氏は、研究結果について、たとえ軽度であっても貧血には注意すべきであるということを再認識させるものだとの見方を示している。同氏は、今回の研究の主な対象者がフレイル(虚弱)の高齢者ではなく、60代と70代であった点も指摘し、「軽度でも貧血が経時的な脳の機能低下に関連することは明らかなのだから、年齢層にかかわりなく、軽度の貧血を軽視すべきではない」と強調している。

[2019731/HealthDayNews]

腸内細菌が漏れ出すことによる動脈硬化進行を便秘薬が抑制―動物実験で効果を確認、横浜市大

動脈硬化の進展に腸内細菌の漏出が関与しており、腸管バリア機能を強化する新規便秘薬がその経路を抑制する可能性が、横浜市立大学医学部循環器・腎臓・高血圧内科学の石上友章氏、荒川健太郎氏らによる研究で示された。詳細は「PLOS ONE」に617日掲載された。

 血清脂質や血圧、血糖の管理が徹底されるようになり、動脈硬化の発症・進展は抑制されてきてはいるが、その効果は十分とは言えず、日本を含む先進国において、いまだ動脈硬化性疾患が死亡原因の上位に位置する。このため、動脈硬化の進展には、既知のリスクとは異なる「残余リスク」と呼ばれる機序の存在が想定されており、その探索が続けられている。

 残余リスクの一つとして近年、腸内細菌の関与が注目されている。例えば石上氏らは、不適切な食生活により腸内細菌が体内に取り込まれ、脾臓からIgG/IgG3という抗体が分泌されることで動脈硬化が促進されることを報告してきた。

 今回、同氏らの研究グループは、動脈硬化を易発症するApoEノックアウトマウスに対し、高カロリー・高脂肪食を15週間与えた後、クロライド・チャネル活性化薬「ルビプロストン」を投与し、動脈硬化の進展の程度を検討した。ルビプロストンは腸上皮に作用する比較的新しい便秘薬で、腸管バリア機能の低下を防ぐことが知られている。ルビプロストン投与群とは別に、他の機序による便秘薬(センノシド、マグネシウム)を投与する群を比較対照とした。

 投与開始から10週後、ルビプロストンを投与した群は投与しなかった群に比べて、動脈硬化の進展が約60%有意に抑制されていた。他の2剤では有意な動脈硬化抑制は観察されなかった。また、IgGはルビプロストン投与群で有意に抑制され、IgG3はルビプロストン投与群とマグネシウム投与群で有意に抑制されていた。

 以上より同氏は「動脈硬化の進展には、腸内細菌の血中への移行を制御する、腸管粘膜のバリア機能の障害が関係しており、ルビプロストンがその病態を修正し、抗動脈硬化作用を発揮する可能性が明らかになった。今後はヒトを対象にした研究により、動脈硬化の根治につながる治療法の開発を目指していきたい」と語っている。

[2019729/HealthDayNews]





糖尿病患者の心不全リスクは男性よりも女性で高い

糖尿病はさまざまな慢性合併症を引き起こすが、少なくとも心不全に関しては、男性に比べて女性でリスクが有意に高いことが、新たな研究により示唆された。このリスク差は、1型糖尿病でより顕著であるという。研究を行ったニューサウスウェールズ大学ジョージ国際保健研究所(オーストラリア)の大隈俊明氏は「糖尿病は男女双方において心不全リスクを高めるが、リスクは男性に比べ、女性で有意に高いことが示された」と述べている。研究結果の詳細は、「Diabetologia718日オンライン版に掲載された。

 今回、大隈氏らは、論文データベースを用いて19661月~201811月に発表された、糖尿病と心疾患との関連を調べたコホート研究論文を探索し、基準を満たした14件の論文を抽出。1200万人以上(約320万人が1型糖尿病)から成る47コホートを対象にメタ解析を行った。

 その結果、心不全リスクは、糖尿病のない人に比べ、1型糖尿病の女性で5.15倍、男性で3.47倍であり、女性は男性に比べ47%リスクが高いことが判明した。より患者数が多い2型糖尿病の場合、心不全リスクは糖尿病のない人に比べ、女性で1.95倍、男性で1.74倍に上り、女性は男性に比べ心不全リスクが9%高かった。

 心不全は、心筋梗塞とは異なる。心筋梗塞では、冠動脈が詰まるか細くなることで心臓へ血液が行き届かず、酸素不足となって心臓の一部が損傷を受ける。一方、米国心臓協会(AHA)によると、心不全は、心臓のポンプ機能が低下して効率よく血液を送り出せなくなり、全身に血液と酸素が十分にいきわたらなくなった状態のことをいう。

 なぜ、女性の糖尿病患者で心不全のリスクが増大するのか。大隈氏らは、今回の研究は因果関係を証明するようにはデザインされていないとした上で、可能性のある説明をいくつか挙げている。例えば女性では、糖尿病の治療が不十分であること、高血圧などの他の心疾患リスク因子が男性に比べて多い可能性があること、高血糖に曝露される時間が男性に比べて長いことなどが関連している可能性があるという。大隈氏によると、女性は前糖尿病状態が男性よりも2年長いことが、別の研究により報告されている。

 AHAのスポークスパーソンも務める米State of the Heart CardiologyJohn Osborne氏は、「女性の診断はいまだに難しい。この研究では、女性の前糖尿病期間は男性よりも長かった」と述べ、この診断の遅れが心疾患リスクの差につながった可能性を指摘している。

 では、糖尿病の女性、とりわけ1型糖尿病の女性が心疾患のリスクを下げるためにはどうすればいいのか。論文の共著者である英オックスフォード大学ジョージ国際保健研究所のSanne Peters氏は、「心不全の予防には、健康的な生活習慣、高血圧、糖尿病、心血管疾患の管理のすべてが重要だ」と話し、まずは糖尿病にならないようにすることも有益だと付け加えている。Osborne氏もPeters氏と同意見で、「正しい食生活、定期的な運動、禁煙。これらすべてが心疾患予防に重要だ」と述べている。

[2019719/HealthDayNews]

注射によらない低血糖発作用救急薬をFDAが承認

米食品医薬品局(FDA)はこのほど、重症低血糖時に鼻から投与し患者を回復させるという新たな投与経路の治療薬を承認した。注射によらない新薬の登場は、糖尿病患者やその家族の負担や不安の軽減につながると期待される。

 重症低血糖は、錯乱や意識消失、またはその他の症状のため治療に他者の補助を必要とするレベルまで血糖値が低下した状態で、主にインスリン治療を受けている糖尿病患者に生じる。重症低血糖の治療薬としては従来、グルカゴンの注射製剤が使われてきた。

 今回承認された新薬は米イーライリリー社のグルカゴン含有点鼻薬「Baqsimi」。使い捨てのディスペンサーを用いて、鼻腔内に粉末を定量噴霧する。鼻腔から吸収されたグルカゴンは肝臓でのブドウ糖産生を刺激し、血糖値を上昇させ低血糖発作からの回復を促す。

 FDAの新薬承認は、成人糖尿病患者を対象とした2件の研究で得られた知見に基づくもの。いずれの研究においても、血糖値の上昇において新薬はグルカゴン注射製剤と同等の有効性が認められた。また1型糖尿病の小児患者を対象とした研究でも、同様の結果が得られた。

 FDA医薬品評価研究センター所長のJanet Woodcock氏は「これまで重度の低血糖発作を起こした患者はグルカゴン注射により治療する必要があり、この注射には、使用前に薬剤を混合するステップが必要であった」とし、「この手順が簡略化されたことは、発作時の緊急対応において非常に大きな意味をもつ」と述べている。

 また米レノックス・ヒル病院の内分泌専門医であるMinisha Sood氏も、「糖尿病患者は低血糖により自分自身では何もできない状態になることがあり、家族や友人などその場に居合わせた人によるグルカゴン注射が必要となることが多い」と解説した上で、新薬の承認は「低血糖リスクのある糖尿病患者だけでなく、その家族や担当する医療従事者にも大きな恩恵をもたらす」と語る。実際にこれまでは「グルカゴン注射の方法を友人や家族に練習してもらう必要があり、それが大きな制約となることがあった」といい、「グルカゴンの簡便な投与法が選択可能となり、病院や診察室の外で発生する重症低血糖の治療が大きく変わる。自分の患者に使用するのが楽しみだ」と付け加えている。

 なお、FDAは、副腎腫瘍の一種である褐色細胞腫や、インスリノーマという膵腫瘍のある患者、グルカゴンアレルギーのある患者などへのBaqsimiの使用を禁止している。副作用についてはグルカゴン注射と大きな差はみられなかったという。

[2019725/HealthDayNews]